従来の2倍の高速スループットと業界最高レベルのノイズ性能を実現した24ビット・シグマ・デルタA/Dコンバータ「AD7176-2」を発表

・競合に比べ2倍高速のスループット※1
・優れた精度を維持しつつ、ボード・スペースや部材費(BOM)を節減

2012年12月05日 -東京
  • アナログ・デバイセズ社は、本日、既存のシグマ・デルタ・コンバータに比べ2倍高速のスループットと、より一層の低消費電力を実現したマルチプレクサ入力付き24ビット・シグマ・デルタA/DコンバータAD7176-2」を発表しました。現在、チャンネル密度が増加しているプロセス・オートメーションや計装システムでは、より高速なチャンネル監視の必要に迫られています。こうした現状に対応して、AD7176-2は、50kSPS(1kSPSは、1000サンプル/秒)のマルチチャンネル・スキャン・レートを達成しています。自動化された高速の製造ラインにおいて、AD7176-2の性能は、シグマ・デルタ・アーキテクチャがもともと持っている特長である高精度、低周波入力帯域での信号測定を、より高速での製造ラインで実現します。シングル・チャンネルで測定した場合、250kSPSで17.2ビット、5SPSでは22ビットのノイズフリー・ビットを提供します。


    AD7176-2は、2.5Vで±2.5ppm/°C精度のリファレンスや±2.5%精度の内部発振器を含む、高精度のオンチップ・ペリフェラルを内蔵しています。これにより、優れた精度を維持しつつ、ボード・スペースや部材費(BOM)の節減を可能にします。この新しいA/Dコンバータは柔軟に変更できるオンチップ・デジタル・フィルタを特長とし、セトリング時間や分解能、ライン周波数除去を最適化できます。また、AD7176-2は、さまざまなフィルタや出力データレート、さらにはオフセットやゲイン誤差補正をチャンネルごとに設定することができます。

    ※1:当社調べ


    24ビット・シグマ・デルタA/Dコンバータ「AD7176-2」の特長:


    価格、供給、および関連製品について


    下記の価格は、米国での販売価格です。


    製品 サンプル供給 チャンネル構成 リファレンス 1,000個
    受注時の単価
    パッケージ
    AD7176-2 出荷中 4擬似/2フル差動 2.5V
    ±2ppm/°C
    10.25ドル 24ピンTSSOP

    AD7176-2は、ADIの単電源、低ノイズ、低オフセットのCMOSアンプ「AD8656」、単電源で入力段減衰器付きの差動ドライバ「AD8475」と組み合せて回路設計に使用することができます。


    • 高速かつフレシキブルなアップデート。5SPSから250kSPSの出力レート
    • より高精度の測定向けに250kSPSで17.2ノイズフリー・ビット
    • 50Hzおよび60Hzフィルタを用いた最高90dBで50Hzおよび60Hzライン周波数除去性能
    • 全消費電流7.8mA


  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。http://www.analog.com/jp

  • Editor's Contact Information
Stay Informed