産業用機器や計測機器の設計を簡素化し開発時間を短縮するデータ・アクイジションIC「ADAS3022」を発表

完全な16ビット分解能・高精度データ・アクイジション・シグナル・チェーンをシングル・チップに集積

2012年11月15日 -東京
  • アナログ・デバイセズ社は、本日、基板上の面積が競合デバイスの1/3※1で、高度な産業用データ・アクイジション・システム(アナログ信号の収集、デジタル変換システム)向けに設計の簡素化と小型化を実現する、高集積のデータ・アクイジションIC「ADAS3022」を発表しました。この新しい16ビット1MSPS(百万サンプル/秒)のデータ・アクイジションIC 「ADAS3022」は、電力線監視、プロセス・コントロールおよびモーター制御、患者のモニタリングの他、産業機器分野で多く使われる±10Vの信号範囲で動作する産業・計測機器に最適です。


    ADAS3022は、ADIの16ビット PulSAR®逐次比較型A/Dコンバータ・コアと、高インピーダンス入力バッファや7段階に切り替えられるオンチップPGIA(プログラマブル・ゲイン計装アンプ)を集積しています。また、ADAS3022は8チャンネルの低リーク・マルチプレクサや、高精度の低ドリフト4.096Vリファレンス電圧源も内蔵しています。8入力のアナログ・データ・チャンネルを備え、それぞれ16ビットのフル・ダイナミックレンジ分解能を持っています。可変ゲインアンプ(PGIA)との組み合わせにより、±10Vから最小±640mVまでの入力レンジで動作し、広範囲のセンサーと連携できるように最適化できます。


    ADAS3022は、製造時に全体がキャリブレーションされ、試験済みのシグナル・チェーンを部品として提供します。これにより、セトリング・タイム、信号バッファリング、レベル・シフト回路、ノイズの増大やその除去など、従来の個別部品を組み合わせたシステム設計工程において必要であったアナログ・シグナル・コンディショニング上の検討課題を解決します。

    ※1:当社調べ


    関連製品について


    ADAS3022の関連製品として、バンドギャップ電圧リファレンス「ADR381」、XFET電圧リファレンス「ADR43x」、超低ノイズ電圧リファレンス「ADR45xx」、ステップアップPWMスイッチング・コンバータ「ADP1613/14」、リニア・レギュレータ「ADP1715」、リニア・レギュレータ「ADP3334」、低ノイズLDO「ADP7102/04」、ローパワー・リファレンス・バッファ「AD8031/32」、さらに補助入力の駆動(AUX±)向けに、ローパワーADCドライバ「ADA4841」があります。評価ボードも提供中で、システム設計者は、評価用の回路基板設計やソフトウェアコード作成の必要がなく、ADAS3022を設定することができます。


    データビーンズ社の市場アナリストMatthew Scherer(マシュー・シェーラー)は次のように述べています。「アナログ・デバイセズは、2011年に世界データ・コンバージョン市場において約48.5%という非常に高いシェアを占め、最先端のデータ・アクイジションおよびシグナル・コンディショニング市場をリードしています。より小型で優れた性能を実現するADAS3022のような新製品によって、アナログ・デバイセズは、今後も業界の進歩に貢献し、またリーダーとしてこの市場を牽引していくでしょう」


    価格と供給について


    下記の価格は、米国での販売価格です。


    製品 サンプル供給 温度範囲 1,000個受注時の単価 パッケージ
    ADAS3022 出荷中 –40°Cから +85°C $14.95 6mm×6mm 40ピンLFCSP
    (リードフレーム・チップ・スケール・パッケージ)

    ※調査会社データビーンズ社の市場調査報告「2012 Analog」で、アナログ・デバイセズ社は、世界のデータ・コンバータ市場でシェア48.5%とトップで、市場をリードしています。ADIの48.5%というシェアは、他の競合他社の合計よりも大きな市場シェアを誇ります。



  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。http://www.analog.com/jp

  • Editor's Contact Information
Stay Informed