プレス・リリース

Contact Jim Surber Editor

高速信号および高周波・広帯域通信向けD/Aコンバータ「AD9129」と「AD9119」を発表

・競合デバイスに比べ消費電力を1/3、プリント基板スペース25%削減を実現
・複数のスペクトルを合成した信号が生成可能であり、部品点数の削減が可能
・高速・高周波信号アプリケーションの設計を簡素化

2012年10月17日 - 東京
  • アナログ・デバイセズ社は、本日、超高速なRF(無線周波数)用途向けD/AコンバータAD9129」と「AD9119」の2製品を発表しました。AD9129(14ビット)およびAD9119(11ビット)は、最高2.8GSPSまでのデータレートに対応する、シングルチャンネルのD/Aコンバータです。「AD9129」、「AD9119」により、複数チャンネルの信号スペクトル(マルチキャリア)を一括合成したり、複雑な変調信号を生成したりすることができます。そのため高速・高周波信号アプリケーションのシステム設計者は、システム設計の簡素化、機器全体の消費電力と部品数の低減、そしてコストダウンが可能になります。この新しいRF用途向けD/Aコンバータは高いダイナミック性能をもっているため、異なる周波数チャンネル間における複数のマルチキャリアの信号もひとつのコンバータで生成することができます。また「AD9129」、「AD9119」は切り替え可能な2×インターポレータを内蔵しています。これにより、D/Aコンバータの更新レートを実質的に2倍に上げることができるため、複雑なフィルタ処理などの外部回路を軽減することができます。また「Mix-Mode™(ミックス・モード)スーパー・ナイキスト動作」と呼ばれる機能で、第2および第3 ナイキスト・ゾーンで高い信号レベルのRFキャリア・スペクトルを生成することができるため、後段での周波数変換が不要となり、4.2GHzの最高周波数においても、優れたダイナミック・レンジを実現できます。


    アナログ・デバイセズ社 高速D/Aコンバータ・グループのマーケティング・マネージャ、カールトン・レイン(Carlton Lane)は次のように述べています。「RF用途向けD/Aコンバータ『AD9129』は、ADIの特許技術『クワッド・スイッチ・アーキテクチャ』を採用しています。この特許技術により、ベースバンド信号としてDCから1.4GHzまでのスペクトルを生成できます。そのため無線通信機器などの送信機回路設計を大幅に簡素化することが可能で、性能も向上させることができます。このD/Aコンバータの優れた性能と特長によって、計測器、通信機器、軍事産業機器メーカーでは、より小型のフットプリント、1/3の低消費電力、そしてより少ない部品点数で、完全な高速信号・高周波信号のシグナル・チェーンを実現できるようになります。これにより、今日の高速・高周波信号システム設計における重要な課題を解決できます」


    14ビットRF用途向けD/Aコンバータ「AD9129」の詳細:


    業界をリードする性能をもつRF用途向けD/Aコンバータ「AD9129」は、出力スペクトル全周波数範囲にわたり最小のパワーロスで、直接RF信号を合成できます。このデバイスは、デュアル・エッジ・クロックでも動作でき、コンバータがMix-Modeかつ2×インターポレーション・モードに設定されている場合、更新レートを実効的に5.6GSPSにまで高めることができます。広い帯域幅かつ高ダイナミックレンジの設計になっており、最高4.2GHzまでのマルチキャリア・スペクトルの生成が可能です。デバイスの消費電力はD/Aコンバータ最大更新レートの2.8GSPSにおいても、わずか1.1Wです。


    AD9129は、FPGAまたはASICとのデータ・インターフェースを簡素化できる、デュアルポートの信号源同期型LVDS(低電圧差動信号伝送方式)インターフェースを内蔵しています。オンチップDLL(ディレイ・ロック・ループ)により、異なるクロック・ドメイン間のタイミングを最適化できます。またSPI(シリアル・ペリフェラル・インターフェース)からAD9129を設定でき、読出しレジスタでデバイスの状態を監視することもできます。


    シングル・チャンネルD/Aコンバータ「AD9129/19」の主な特長:


    価格、供給、および関連製品について


    下記表中の価格は、米国での販売価格です。


    製品 サンプル
    供給
    量産出荷 分解能
    (ビット)
    サンプル
    レート
    (GSPS)
    1,000個
    受注時の
    単価
    パッケージ
    AD9129 出荷中 2012年11月30日 14 2.8 59.00ドル
    (Pbフリー)
    160ボール
    CSP-BGA
    AD9129 出荷中 2012年11月30日 14 2.8 69.00ドル
    (PbSn)
    160ボール
    CSP-BGA
    AD9119 出荷中 2012年11月30日 11 2.8 49.00ドル
    (PbSn)
    160ボール
    CSP-BGA

    RF用途向けD/Aコンバータ「AD9129」の関連製品として、D/Aコンバータのクロックとして用いられる広帯域PLL(フェイズ・ロック・ループ)「ADF4351」、低ジッタ・クロック・バッファ「ADCLK925」があります。


    ※調査会社データビーンズ社の市場調査報告「2012 Analog」で、アナログ・デバイセズ社は、世界のデータ・コンバータ市場でシェア48.5%とトップで、市場をリードしています。ADIの48.5%というシェアは、他の競合他社の合計よりも大きな市場シェアを誇ります。


    • 最高5.6 GSPSの D/Aコンバータ更新レート
    • 2.8GSPSデータレートで直接RF信号の合成が可能
      • ベースバンドモード:DCから1.4GHz
      • 2×インターポレーションモード:DCから1.0GHz
      • Mix-Mode:1.4GHzから4.2GHz
    • 2×インターポレーション・フィルタ(バイパス可能)
    • シングル/マルチキャリアIFまたはRF信号の合成が可能
    • 低消費電力:1.1W(2.8GSPS時)、1.3W(5.6GSPS時)



  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。http://www.analog.com/jp

  • Editor's Contact Information
Stay Informed