プレス・リリース

Contact Doug Bartow

長距離アナログ・ビデオ信号配信用に高性能イコライザ「AD8122」を発表

・アナログ・ビデオ配信システム向け
・最高レベルの電力効率を実現
・Cat-5ケーブル上で最長300mまでUXGA/1080p画像の鮮明な伝送を可能に

2012年08月23日 - 東京
  • アナログ・デバイセズ社は、本日、300mのケーブル長を可能にし、業界最高レベルの広帯域イコライジング機能を持ち、かつ、消費電力が最も低い事を特長とする集積差動トリプル・レシーバ付き可調ケーブル・イコライザAD8122」を発表しました。AD8122は、高解像度のアナログ・ビデオ配信システム向けに設計されています。この新しいイコライザは、最長300mのケーブルで16mV rmsの低ノイズ、そして1%の振幅精度まで僅か70nsという短セットリング時間を実現し、かつ60MHzまでフラットな広帯域性能を実現しています。AD8122が実現する広帯域性能と高速セットリング時間により、優れた画像鮮明度と写像性を保ちながら、UXGAおよび1080pビデオを長距離にわたり伝送することが可能になります。AD8120は高性能でありながら、わずか0.93Wという消費電力を実現し、最も類似する競合製品に比べ、消費電力を13%低減します。この優れた性能を誇るケーブル・イコライザは、KVM(キーボード/ビデオ/マウス)スイッチ、電子看板、およびプロ向けビデオ映写/配信などのアプリケーションに適しています。


    AD8122の特長


    価格、供給、および関連製品について


    下記表中の価格は、米国での販売価格です。


    製品 供給 パッケージ 温度範囲 1,000個受注時の単価
    AD8122 出荷中 40ピンLFCSP –40°C~+85°C 9.90ドル

    サンプルおよび評価ボードは現在供給中です。


    関連製品には、Cat-5ケーブル・エクステンダー・システム上への高精度アナログ・ビデオ実装向けに、ADIのビデオ遅延線「AD8120」やトリプル差動ドライバ「AD8146」「AD8147」「AD8148」などがあります。


    • 高速セットリングでかつ広帯域性能によりハイスピードなため、優れた画像鮮明度と写像性を実現
    • 集積可調低域通過フィルタ(LPF)がボード面積を最小化し、画像品質最適化に要する設計時間を短縮
    • Cat-5ケーブルや同軸ケーブルでもイコライゼーションが可能
    • 最高UXGAで1080pまでのRGBおよびVGA表示解像度に適合


  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。http://www.analog.com/jp

  • Editor's Contact Information
Stay Informed