Day 1
Maxim & Analog Devices
Where what if
becomes what is
想像を現実に
Where what if becomes what is
想像を現実に

自動車、コネクテッド・ファクトリ、電動化、デジタル・ヘルスケアなどの分野における両社の結集した専門知識は、想像を現実に導きます。

自動車、コネクテッド・ファクトリ、電動化、デジタル・ヘルスケアなどの分野における両社の結集した専門知識は、想像を現実に導きます。

ADI & Maxim

重要なお知らせ

将来予測に関する記述


本ウェブページには、米国連邦証券法の解釈の範囲内における“将来の予測に関する記述”が含まれます。

将来の予測に関する記述の対象は多岐にわたっており、例えば、提案される取引で期待される利益の予測など、さまざまなものが含まれます。ADIおよびマキシムの信条、計画、期待など、歴史的事実ではない記述は将来の予測に関する記述に含まれます。これらの記述はADIおよびマキシムの現時点における期待に基づくものであり、さまざまな要素や不確実性によって、実際の結果が将来の予測に関する記述で述べたものと大幅に異なる場合があります。

将来の予測に関する記述にはしばしば、「期待する」「見込む」「意図する」「予定する」「信じる」「~するだろう」「見積もる」「~するはずである」「目指す」といった言葉やこれに類似する表現、およびこれらに関連する表現ならびにこれらを否定する表現が含まれます。

将来に関する記述で述べた内容と実際の結果を大幅にかい離させる可能性のある重要な要素および不確実性には以下が含まれます。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック期間、範囲および影響に関する不確実性;世界経済情勢の悪化あるいは信用取引および金融市場の安定性の低下、顧客の信用性の低下または消費意欲の減退を含めた政治的および経済的不確実性;各種原材料、役務、サプライ等の入手困難ならびに生産能力の停止;地域範囲や製品もしくは顧客構成の変更;輸出入規制、関税、現在の税法に基づいてADIもしくはマキシムが想定する推定税率の変更;マキシムの事業や技術の統合を成功させるADIの能力;提案される取引により期待される利益やシナジー、および合併会社の成長見通しがしかるべき時期に十分に、もしくはまったく実現しない可能性を生じるリスク;訴訟問題における不利な結果、ADIもしくはマキシムが重要な人材の確保や雇用ができないリスクなどです。

ここに提示された要素のリストは代表的なものを記載したリストであり、いかなるリストもあらゆるリスクや不確実性を網羅した完全なリストと考えるべきではありません。

将来予測に関する記述で述べた内容と実際の結果を大幅にかい離させる可能性のある要素に関するその他の情報については、ADIおよびマキシムの決算報告書をはじめ、SECへの提出書類を参照してください。リスク要因はADIおよびマキシムの最新の四半期決算報告書Form 10-Qおよび年次報告書Form 10-Kに記載されています。

将来予測に関する記述は、経営陣の現時点における期待を表明したものであって本質的に不確実であり、記載されている内容は記載されている日付時点でのみ有効です。法律で定められた場合を除き、ADIとマキシムのいずれも、新たな情報、反映すべき新たな事象、その他いかなる状況が加わった場合でも、将来に関する記述の更新を行う義務は負いません。

ADI投資家向け情報

781-461-3527
investor.relations@analog.com

ADIコーポレート・コミュニケーション

781-937-1472
CorpComm@analog.com

A collage showing data centers, healthcare, industrial and green energy markets.
A collage showing data centers, healthcare, industrial and green energy markets.