Exterior of the Catalyst Centre building at dusk
Exterior of the Catalyst Centre building at dusk


ADI CATALYST
ADI CATALYST

CONNECT. COLLABORATE. CREATE.

CATALYSTチーム

Headshot of Mike Morrissey

Mike Morrissey
ADI Catalyst担当ディレクタ

Michael Morrisseyは、25年以上、高度なセンサー開発向けのシリコン技術開発の分野を担当しています。現在、ADI Catalyst担当ディレクタです。Mikeは、よりよいコラボレーションと革新的なソリューションの共同開発のために、エコシステム・パートナーを介した顧客とアナログ・デバイセズのつながりを加速させる責任者です。

Headshot of Thomas Minogue

Thomas Minogue
Catalyst設計者

Thomasは、ADI Catalystチームの設計者であり、まとめ役でもあります。3D CADソフトウェア、イラストレーション、レンダリング、3Dプリンティングにより、プロジェクトを可視化します。また、プロジェクトのデモ、インタビュー、低速度撮影など、オンサイトのビデオ制作も担当しています。リムリック大学で製品設計・技術の理学士号を取得しました。

Headshot of John Christie

John Christie
Catalyst設計インターン

Johnは、リムリック大学の製品設計・技術の学生です。彼のスキルは、3Dモデリングや可視化から、ユーザー中心の設計、デジタル・イラストレーション、製品描画、UXにまで及びます。

Headshot of Brian Keane

Brian Keane
ネットワークおよびAV、EMEA

Brianは、EMEA地域のネットワークおよびAVの管理者です。ネットワークおよびAVチームは、ネットワークおよびAV機器の新たな構築やアップグレードの設計や実装に伴うサポートを提供して、アナログ・デバイセズの要求がコーポレートITセキュリティ基準に従うようにします。

Headshot of Mike Heffernan

Mike Heffernan
EMEA販売セントラル・アプリケーション・センター・マネージャ

Mikeは、European Centralized Applications Centerのトップを務めています。セントラル・アプリケーション・チームは、アナログ・デバイセズの製品について、最前線の技術サポートおよびトレーニングをEMEA地域の販売代理店や様々な市場の顧客に提供します。

Headshot of Brendan O’Dowd

Brendan O’Dowd
コンスーマ・カスタム・シリコン・ソリューション・ディレクタ

ADI Catalystでは、Brendanがチームを率いて、最大のコンスーマ顧客向けに最先端のソリューションを開発しています。アナログ・デバイセズで以前は、テスト、設計、アプリケーション・マーケティング、ビジネス・リーダーシップを担当していました。

Headshot of Chris Ryan

Chris Ryan
デジタル変革およびエコシステム・パートナーシップ・ディレクタ

Chrisは顧客オフィス・ディレクタです。Chrisは、デジタル変革、エコシステムとパートナーシップ、顧客学習と実施可能要件、およびアナログ・デバイセズのソリューション・チームを監督しています。

Headshot of Ray Goggin

Ray Goggin
高精度コンバータ、スイッチ/マルチプレクサ、温度センサー担当ゼネラル・マネージャ

Rayは、アナログ・デバイセズの高精度コンバータ、スイッチ/マルチプレクサ、温度センサー技術グループのゼネラル・マネージャです。アナログ・デバイセズの収益と採算性の大部分を占める総合開発および事業の責任者です。Rayと彼のチームは、アナログ・デバイセズの成長を促進し、新興事業を理解する手がかりとなる、市場とアプリケーションの幅広いニーズに対応します。Rayは、1997年からアナログ・デバイセズで働き始め、高精度製品グループでテスト、設計、マーケティング、マネージメントを担当してきました。更に、アイルランドのコークにあるアナログ・デバイセズのデザイン・センターのトップを務めています。

Headshot of Bernard Stenson

Bernard Stenson
グローバル・オペレーションおよび技術担当技術ディレクタ

Bernardは、様々なアナログ・デバイセズ独自の高価値付加製造プロセスを担当しています。このプロセスには、多くのモア・ザン・ムーア技術、磁性部品、電気化学式センサー、絶縁、シリコン、MEMS、アクチュエータが含まれます。ダブリン・シティ大学を卒業、同学で応用物理・電子工学の理学士号を取得しました。27件の米国特許を保有し、半導体およびMEMS技術に関する技術論文を10本発表しています。2016年よりリムリック工科大学(LIT)の理事会メンバーです。

Headshot of Peadar Forbes

Peadar Forbes
無線プラットフォーム開発ディレクタ

Peadarは、アナログ・デバイセズの通信ビジネス・ユニットで無線リファレンス設計開発を担当しています。以前は、アナログ・デバイセズの統合型トランシーバー、PLLシンセサイザ、無線システム、およびアルゴリズムに関する、アプリケーション、システム・エンジニアリング、およびマーケティングを担当していました。Peadarは、ユニバーシティ・カレッジ・コークで電気工学の学士号を、リムリック大学で経営学の修士号を取得しています。

Catalyst Centre bustling during the Hackathon event
Catalyst Centre bustling during the Hackathon event