チーム体制

Analog Garageのチームは、大胆なアイデアを発掘し、新たなビジネスを構築する方法を熟知しています。また、チームメンバーは、エンジニアリング、グローバル・ネットワーク、そして財務、製造、製品開発、営業などのそれぞれの分野で専門的な知識を備えており、ビジネスにおける助言が可能です。


ベンチャー・チーム

Pat Coady

Pat Coady

Analog Garage、ディビジョン・ゼネラル・マネージャ

Patは、Analog Garageチームのリーダーとして、アナログ・デバイセズのラボで生まれた驚くべき技術を世界へ発信しようと日々努めています。彼は、Garageの成功を支えているのは世界トップレベルの人材であり、最も重要な問題には複数の学問分野にまたがった取り組みが必要であることを理解しています。また、素晴らしいアイデアは、ときとしてスタートアップ企業や世界トップクラスの大学といった、アナログ・デバイセズ以外の組織からもたらされる場合があることも理解しています。Patは研究開発分野で25年間にわたる経験があり、最先端のコンスーマ・オーディオ回路/システムからディープ・ラーニングに基づく最新のコンピュータ・ビジョン・ソリューションに至るまで、常にお客様に喜ばれる製品の開発を行ってきました。

Spencer Irvine

Spencer Irvine

エマージング・ビジネス・マネージャ

Spencerは、社内イニシアティブ推進のためのビジネス・ケース作成を担当しており、イノベーション・コミュニティとGarageをつなぐ役割を担っています。彼はアナログ・デバイセズで働く前、DraperでSemblerプログラムのリーダーを務めていたことがあります。そこでは、スタートアップ企業との協力体制を通じ、困難な問題を解決できるように斬新なソリューションとDraperの専門知識を結び付けていました。また、民間企業、政府機関の両方のお客様向けプログラムのリーダーとして、主に従業員のパフォーマンスと自律システムに力を入れていました。Draperで働く前には、センサー技術を使用して空港のエプロンにおける作業の安全性向上に取り組むAirVentionsを設立した経歴も持ちます。Spencerの背景となる経歴は航空宇宙エンジニアリングで、企業とイノベーションに関する経営学修士号も取得しています。

Sasha Dass

Sasha Dass

テクニカル・プログラム・マネージャ

SashaはGarageのプロジェクト・マネジメント組織を創設した人物で、現在もこの組織を率いています。意思疎通や可視性、そして成果物の改善に重点を置きながら、Garageの業績向上に努めています。彼女は数十年にわたるプロジェクト・マネジメントの経験を生かし、成功へ向けてプロジェクトを正しい方向へ導いています。また、アナログ・デバイセズの様々なビジネス・ユニットで得た12年以上の経験を生かし、Garageと他の各部門とのつながりを強化してプロジェクトを成功裡に完了させると共に、Garageが常に将来的な問題に先んじることができるようにしています。

Vlad Kvartenko

Vlad Kvartenko

システム/プロダクト・エンジニアリング・マネージャ

Analog Garage H3チームのメンバーとして、Vladは新しいアイディアを入念に検討し、ファネル・プロセスを通じて優れたアイディアの絞り込みを行い、新しい技術の開発、検証、熟成、そして市場投入を支援します。Vladは、Analog Garageプロジェクトの最初の成功事例において、プロダクト・エンジニアリング部門の業務をリードする役割を果たしました。また、革新的アイディアを、市場に出せるレベルまで持っていくことに情熱を注いでいます。専門とする主な分野は、ワイヤレス電気通信システム、ミックスド・シグナル・システム、ハードウェア設計、組み込みシステム設計、ミックスド・シグナルIC設計などの検証とテストです。

Greg Davis

Greg Davis

RFシステム・エンジニア

Gregは、RF、信号処理、システム・エンジニアリングの知識と経験を、西海岸のGarageチームに提供しています。彼は、特にワイヤレス分野における革新的なスタートアップ企業をアナログ・デバイセズのリソースに結びつける機会を探し出し、その評価を行っています。また、アナログとデジタル、アルゴリズムとハードウェア、研究と生産、技術と人間の間にあるギャップを埋めることに喜びを感じています。Gregの背景となる経歴には、通信インフラストラクチャと実験的宇宙論用観測装置の設計が含まれています。

Mihai Murgulescu

Mihai Murgulescu

エマージング・ビジネス・マネージャ

Mihaiは母国のルーマニアで電気工学の学位を取得し、その後にフランスのパリにあるピエール・マリー・キュリー大学で修士号と博士号を取得しました。彼は、Philips Semiconductors、Maxim Integrated Products、Qorvoの各社で、RF設計関連の様々な役職に就いていました。また、テレビ放送受信分野のスタートアップ企業であるCresta Technologyを設立し、そのCTOとして勤務していた経歴も持ちます。更に、特許およびRFエンジニアリング分野の事業も行っていました。MihaiはUSPTOに登録された特許出願代理人です。

Christoph Kaemmerer

Christoph Kaemmerer

エマージング・ビジネス開発

Christophは物理学の教育を受け(エアランゲン大学で修士号を取得)、マンハイム大学で経営学修士号も取得しています。ヨーロッパにおけるフィールド・アプリケーション担当としてAnalog Garageに参加しており、ヨーロッパでは新興技術を担当していました。重点領域は、光学的センサーと電気的センサーの両方を含むセンサーでした。販売部門の一員として、製品戦略策定の初期においてその中心に顧客ニーズを据えることの重要性を理解しています。


研究チーム

Jonathan Yedidia

Jonathan Yedidia

AI研究ディレクタ

JonathanはAnalog Garageのアルゴリズム・システム・グループを監督しており、高度な信号処理およびAIアルゴリズムを作成し、それらのアルゴリズムを効果的なハードウェアに実装して実世界の問題を解決しています。2016年にAnalog Garageに入社する前は、Princeton、Bell Labs、Harvard、Ecole Normale Superieure、MERL、Disney Researchで30年にわたりAIアルゴリズムについて研究してきました。

Roman Trogan

Roman Trogan

新興ビジネス・グループ、シニア・システム・アーキテクト

Romanは、バイオエンジニアリングのシステムや技術、RFおよびマイクロ波電子システム、ならびにコンピュータ・アーキテクチャに関わる新しい概念に重点を置いた、技術的およびビジネス的な評価を担当しています。彼は新しいビジネス概念についてシステム設計面の評価を行い、他社との協力の方法を模索しています。これまで多くのスタートアップ企業と、その設立段階から関わってきました。さまざまな新興ビジネスで構成される確率論的な世界で成功を実現することのできる、根本的な技術的ブレークスルーを見出すことに情熱を傾けています。

Colm Prendergast

Colm Prendergast

主席エンジニア兼主席システム・アーキテクト

Colmは、自律車両検出分野のアルゴリズムとシステムを担当しています。アナログ・デバイセズでは、デジタル・ビデオ、オーディオ、通信、DSP、MEMSなどの幅広い分野でプロジェクトを率いてきました。最近では、アナログ・デバイセズのIoT分野におけるクラウド技術開発を率いてきました。14件の米国特許を保有し、IEEEとSIGGRAPHの会員です。また、アイルランドのリムリック大学で電子工学の学士号を、アイルランドのユニバーシティ・カレッジ・コークで修士号を取得しています。

Tao Yu

Tao Yu

シニア・リサーチ・サイエンティスト

Taoは、先進的アルゴリズムをシステム・ソリューションに適用する研究に取り組んでいます。ハードウェア・システムや最先端のディープ・ラーニング技術に関する豊富な知識を持っており、実用的なアルゴリズムを実装することによって、システム・レベルの課題を解決したいと考えています。最近の取り組みには、アナログ・デバイセズの将来の無線技術用インテリジェント・アルゴリズムが含まれています。Taoは中国の北京大学で学士号を、MITで修士号と博士号を取得しています。

Jason King

Jason King

Analog Garageチーム・リーダー、ソフトウェア・エンジニア

Jasonは、Garageに入社するまでにATE業界で20年間電気、システム、およびソフトウェア・エンジニアリングに携わっており、システムのアーキテクチャと性能に重点を置いていました。プログラミング言語、アルゴリズム、ソフトウェア・エンジニアリング・プラクティスにも関心を持っています。

Sefa Demirtas

Sefa Demirtas

シニア・リサーチ・サイエンティスト

SefaはMITで電気工学の修士号と博士号を取得し、ケンブリッジにあるアナログ・デバイセズのチームに参加しました。このチームが後にAnalog Garageに発展します。アナログ・デバイセズでは、オーディオ信号処理やToF(Time of Flight)型深度画像処理から、バイタル・サイン・モニタリングやオートモーティブ用ライダーおよびレーダーまで、様々なプロジェクトにチームのメンバーあるいはリーダーとして参加しました。Sefaは、信号処理とマシン・ラーニングが交差する領域の研究に関心を持っています。現在は、コンピュータ・ビジョン・アプリケーションと、これらのアプリケーションの作成および展開を実現するエッジ・ツー・クラウド・インフラストラクチャ開発のリーダーを務めています。