経営陣

Vivek Jain
(ヴィヴェック・ジェイン)

Vivek Jain

グローバル・オペレーション&テクノロジー担当シニアVP

Vivek Jainはグローバル・オペレーション&テクノロジー担当のシニアVPで、アナログ・デバイセズの世界中の製造業務とサプライ・チェーン業務に責任を負っています。

技術および製造グループ担当のシニアVPとして同様の役職で勤務していたマキシム・インテグレーテッドがアナログ・デバイセズに買収されたのに伴い、2021年に現職に就きました。ファブ運用担当のVPとして2007年にマキシムに入社して以来、同社の製造サプライ・チェーンを、より柔軟で迅速、なおかつ障害に強いものとするために、多くの側面の変革を主導してきました。

その他にも、カリフォルニア州サンタ・クララにあるインテルの技術開発および製造施設にプラント・マネージャとして勤務した経験があり、ディープ・サブミクロン・ロジックおよびフラッシュ・メモリのプロセス技術開発と大量生産を監督していました。VLSIテクノロジー社とナショナル・セミコンダクター社に勤務した経験もあります。

これまでに、プロセス技術や、半導体デバイスの信頼性および性能に関する論文を30以上発表しています。また、半導体技術分野の特許を10以上保持しています。

インド工科大学デリー校で化学工学の学士号、ペンシルバニア州立大学で同じく化学工学の修士号、スタンフォード大学で電気工学の修士号を取得しています。2014年にはスタンフォード大学経営大学院のエグゼクティブ・プログラムも修了しています。