経営陣

Martin Cotter

Martin Cotter

シニア・バイス・プレジデント(世界販売とデジタル・マーケティング担当)

Martin Cotter は、2016年にシニア・バイス・プレジデント(世界販売担当)に指名されました。この役割の中で彼は、アナログ・デバイセズの販売・マーケティングチームが顧客との強い協力関係を築き、顧客が通信、産業用、オートモーティブ、ヘルスケア、コンスーマ市場に差別化した製品を供給する力になるよう指導しました。

1986年にアナログ・デバイセズに設計エンジニアとして入社し、エンジニアリングと製品ライン管理での様々な役割を果たし、更に、会社の成長が最も高いビジネス部門のいくつかを指導してきました。その中で、顧客が非常に困難な信号処理の課題を解決するのを助けるための、豊富な特定領域の専門的知識と経験をもたらしました。Martin Cotter は、アナログ・デバイセズの通信ビジネスのバイス・プレジデントとして、顧客と密接に働き、彼らのシステムレベルの問題を理解し、4G/LTE の世界中の開発を可能にする高速無線ソリューションの技術開発を指導しました。アナログ・デバイセズのモノのインターネット (IoT)、ヘルスケア、コンスーマビジネス部門のバイス・プレジデントとしての彼の最も最近の役割の中で、彼は、市場を先導する高ダイナミック・レンジと超低電力信号処理技術や、またセンサ、アルゴリズム、マイクロコントローラ、コネクティビティ、組み込みシステムを有効にするパワー・マネージメント・ソリューション、携帯可能性、そして消費者が求めている高度な機能の開発を担当しました。当社が信号処理、センサ、スマート・ファクトリを有効にするコネクティビティ、スマート・ビル、ヘルスケアにおける進歩、その他もっと多くのものに、私たちの専門的知識を適用しようとしている中、特に、アナログ・デバイセズの徐々に発展する IoT 市場に対する戦略方向を定義するときに助けになってきました。Martin Cotter がビジネスの成長を推し進めてきた実績は、彼のエンジニアリングの経歴と何十年にも及ぶ技術、システム、そしてソリューションの開発を監督する経験と共に、顧客を想像を超える可能性に進み続けさせる、更により高いレベルの関与と影響力のあるイノベーションを推し進めるために必要な基礎を提供します。

リムリック大学で工学士号、工学修士号、および経営管理学修士号を取得しました。