経営陣

Bruno Kranzen
(ブルーノ・クランゼン)

Brun Kranzen

コンスーマ&クラウド・インフラストラクチャ担当シニアVP

Bruno Kranzenは、コンスーマおよびクラウド・インフラストラクチャ・ビジネス・グループ担当のシニアVPです。同グループは、2021年のアナログ・デバイセズによるマキシム・インテグレーテッドの買収後に設置されました。この役割の中でKranzenは、アナログ・デバイセズのディープ・サブミクロン・プロセス技術とソフトウェア・アルゴリズム、開発ツール、アーキテクチャおよびパッケージング技術を組み合わせ、極めて高い価値を備えたインパクトのあるソリューションを定義して作り上げ、さらにこれを、アナログ・デバイセズのパートナーや戦略的顧客、ならびにその広範な市場の顧客ベースにおける要求の厳しい開発サイクルと同期させることによって、市場シェアの拡大を図っています。

アナログ・デバイセズよる買収前のマキシムでの勤務は10年以上におよび、モバイル事業部やクラウドおよびデータ・センター事業部を担当するVPを務めていました。さらにそれ以前は、マキシムのオーディオ・ソリューション事業のGMでした。Kranzenのリーダーシップのもと、モバイル事業部はそのソリューションのマーケティングとセールスを幅広く行うことによって、その顧客ベースを、スマートフォンを中心とする一部の限られた顧客から、数千におよぶ顧客へと移行させました。人工知能や機械学習の発展に伴い、クラウドおよびデータ・センター事業部は、最先端のパワー・マネージメント・ソリューションや光学ソリューションを開発することにより、2桁の成長率で拡大しました。

マキシムに加わる前は、フェアチャイルド・セミコンダクター社でモバイル・ソリューション担当のエグゼクティブ・ディレクタ兼副ゼネラル・マネージャを務めていました。この役割においてKranzenは、小規模だったパワー・マネージメント製品ラインを、急速に成長する広範な市場向けの標準パワー製品からなる多様なポートフォリオを備えた、新興事業部門に変えています。さらに、ナショナル・セミコンダクターのマーケティング・ディレクタを務め、ポータブル電源システム用にバッテリ寿命を延ばすパワー・マネージメント・ソリューションの開発に焦点を当てた経験も有しています。Kranzenは1987年にザイログ社でIC設計エンジニアとしてのキャリアをスタートさせ、同社ではIC設計のディレクタまで昇進しました。

ベルギーのハッセルトにあるIHRH(現在はPXL科学技術大学)でBSEEと同等の学位を取得しています。