採用情報

日本法人社長からみなさんへ

katsu_nakamura

代表取締役社長 中村 勝史

アナログ・デバイセズは1965年に米国マサチューセッツ州で設立されて以来、半世紀以上にわたり高性能半導体の重要なサプライヤーとして、広い産業分野の発展に貢献してきました。現在では全世界で社員は約16,000人の規模となり、12万以上のお客様に先進の信号コンバータ、電源、高周波回路などの⾼性能アナログIC、DSP(デジタルグナル・プロセッサ)、MEMS(マイクロマシン技術を応⽤したセンサーIC)をご提供しています。

半導体は人類の発展と幸せな社会を創造するために今後も欠かせない製品です。”WHAT IF、もしこの世界に不可能を可能にする技術があれば”という人々の思いを現実のものにすることを我々の社会的責任として日々、事業に努めています。お客様への設計開発サポートや製品販売業務だけでなく、持続可能な社会実現のため環境、医療や教育分野における活動も積極的に行って参ります。

お客様の問題と社会の問題、これらの解決のために重要なものは我々の優秀な社員と、彼らが持つ問題解決への熱意、彼らが作る柔軟なアイデアです。これらが業界をリードするアナログ・デバイセズの製品を作り、アナログ半導体システムソリューションのリーダーとしての我々の地位を支えています。

アナログ・デバイセズ株式会社
代表取締役社長 中村 勝史