計装アンプの設計ガイド 第3版

計装アンプの設計で、お悩みのことはありませんか?
計装アンプの動作原理を理解していますか?

アナログ・デバイセズが提供する「計装アンプの設計ガイド」では、計装アンプとオペアンプの相違点や、計装アンプの特長となる特性などを詳しく説明します。 計装アンプの基礎、動作原理、使用方法と用途など、お客様それぞれの計装アンプの設計に役立つ情報が詳しく述べられており、さまざまな種類の計装アンプについても取り上げています。

本書は、冊子では用意していませんので、PDF版をダウンロードいただき、ご活用いただければ幸いです。





本書について

「計装アンプの設計」について理解しているつもりでも、たびたび正しく理解されていないことがあります。

計装アプリケーションで使用されるアンプがすべて計装アンプとは限りません。また、計装アンプのすべてが計装アプリケーションにのみ使用されるわけではありません。計装アンプは、モータ制御からデータ・アクイジション、車載機器にいたるまで、さまざまなアプリケーションで使用されています。




   |   目次   |   第1章   |   第2章   |   第3章   |   第4章   |   第5章   |   第6章   |   第7章   |   付録など   |


第1章 計装アンプの基礎
 
計装アンプとオペアンプの相違点
計装アンプは、差動入力とリファレンス端子の電圧を基準とした、シングルエンド出力を提供するクローズド・ループのゲイン・ブロックです。通常、2つの入力端子のインピーダンスは平衡状態 にあり、一般には109Ω以上の大きな値になります。


第2章 計装アンプの内部
 
計装アンプの機能を提供する簡単なオペアンプ減算器
差動ゲイン・ブロックを実装する最も簡単な(ただし、きわめて有用な)方法を図2-1に示します。


第3章 モノリシック計装アンプ
 
オペアンプ構成の計装アンプに対する利点
モノリシックICの計装アンプは、応用設計の容易な計装アンプを求める要望に応えて開発されたものです。これらの回路では、前章で説明した3オペアンプ構成や2オペアンプ構成の計装アンプ回路にさまざまな変更が加えられているとともに、レーザ・トリミング抵抗や、その他のモノリシックIC技術の利点を備えています。


第4章 モノリシック・ディファレンス・アンプ
 
ディファレンス(減算器)アンプ製品
モノリシック・ディファレンス・アンプは、特殊な種類の計装アンプで、大きなDCまたはACの同相電圧が生じるアプリケーションで使用できるように設計されています。これには、多くの一般的な電流検出アプリケーション、たとえばモータ制御、バッテリ・チャージャ、電源コンバータなどがあります。


第5章 計装アンプの効果的な利用
 
両電源動作
計装アンプに電力を供給する従来の方法は、「分離」電源または両極性電源でした。これには、正と負の入力および出力振幅が扱えるという明らかな利点があります。


第6章 計装アンプとディファレンス・アンプのアプリケーション回路
 
真の差動出力の計装アンプ回路
図6-1に示すように、AD8222は真の差動出力計装アンプ回路として容易に構成できます。この接続により、+OUTと-OUTの両方で低インピーダンス出力が実現されます。


第7章 計装アンプ回路と最新ADCとのマッチング
 
ADC 要件の算出
市販のADCの分解能はビットで規定されます。ADCで有効な分解能は(2n)-1になります(nはビット数)。たとえば、8ビット・コンバータの分解能は(28)-1、すなわち255になります。この場合、コンバータのフルスケール入力範囲を255で割った値が、コンバータで処理できる最も小さな信号値となります。



計装アンプのページへ戻る

沪ICP备09046653号
感想、意見を送る X
content here.
content here.

感想、意見を送る

閉じる