シグナルチェーン・デザイナーに追加

ADL5592:  RF可変ゲイン・アンプ、250~2400MHz

製品詳細

製品状況:生産/供給中

ADL5592は、デジタル・プログラマブルの可変ゲイン・アンプ(VGA)です。250~2400MHzの周波数範囲で使用するように設計されています。2個のデジタル・プログラマブル減衰器が、直線性の高い固定ゲイン・アンプにカスケード接続されています。このデバイスには、ループバック・テストを行うために送信された信号を隣接の受信バンドにミックスする目的に利用可能なミキサも内蔵されています。

ADL5592は、GSM/EDGEなどのセルラー通信システムで、ADL537xやADL539xなどのダイレクト/RF変調器と組み合わせて使用できます。

ADL5592は、6mm×6mmの40ピン露出パドルLFCSPパッケージを採用し、-40℃~+85℃の温度範囲で動作します。

アプリケーション

  • GSM/EDGEおよびセルラー通信システム
  • 特長と利点

    • 出力周波数範囲:250~2400MHz
    • ノイズ指数:1960MHz時で5.7dB
    • 1960MHz時のOIP3:29dBm(PIN=各トーンあたり0dBm時)
    • それぞれ31dB範囲の2個のデジタル減衰器
    • 1dBの減衰ステップ・サイズ
    • シングルSPIポート
    • 単電源:4.5~5.5V
    • 40ピン、6mm×6mmのLFCSPパッケージ

    ADL5592機能ブロック図

    ニュースレターのご紹介

    アナログ・デバイセズのニュースレター
    アナログ・デバイセズでは、以下の情報を定期的に配信しています。メール形式はHTMLまたはTEXT形式のどちらかを選んで購読していただけます。 ぜひ、製品の設計や開発にお役立てください。
    ニュースレターの購読手続きは、新規の方はmyAnalogに新規ご登録、登録済みの方はログインしてから行ってください。

    【myAnalog 今週の新着情報(ウィークリーメール)
    myAnalogにお客様のご興味のある製品や回路などをご登録いただきますと、ウェブサイトに掲載されたアップデート情報や新製品情報を一週間に一回、ご登録いただきましたメールアドレスに情報をお送りします。

    【ニュースレター】
    お客様の「興味のある製品」に関連する技術情報やセミナー情報などさまざまな情報をニュースレターとして定期的にお送りします。
    ニュースレター申し込み

    資料

    タイトル コンテンツの種類 ファイル形式
    ADL5592: 250 MHz to 2400 MHz RF Variable Gain Amplifier (Rev 0, 06/2008) (pdf, 1113 kB)  データシート PDF
    RF Source Booklet  (PDF, 4353 kB)
    RF IC Product Overview - Version P (02/2014)
    その他 PDF
    Rarely Asked Questions...アナログ・デバイセズに寄せられた珍問/難問集 RAQ(珍問/難問集) HTML
    外形寸法図のBSCとは? FAQ(よくある質問) & RAQ(珍問/難問集) HTML
    Pwr Dissとは? FAQ(よくある質問) & RAQ(珍問/難問集) HTML
    ICの寿命や製品保証の資料は? FAQ(よくある質問) & RAQ(珍問/難問集) HTML
    デシケータ管理条件 FAQ(よくある質問) & RAQ(珍問/難問集) HTML
    使用温度の規定の見方は? FAQ(よくある質問) & RAQ(珍問/難問集) HTML
    What are Variable Gain Amplifiers (VGA's) and how are they used? FAQ(よくある質問) & RAQ(珍問/難問集) HTML
    半導体用語集 用語集 HTML

    設計支援ツール、モデル、ドライバ & ソフトウェア

    タイトル コンテンツの種類 ファイル形式
    ADIsimRF
    アナログ・デバイセズのADIsimRF設計ツールは、カスケード・ゲインやノイズ指数、IP3、P1dB、総合消費電力などRFシグナル・チェーン内の最も重要なパラメータの計算を行います。
    設計ツール&シミュレータ HTML
    ADIsimPLL™
    アナログ・デバイセズの新しい高性能PLL製品を迅速かつ確実に評価できるツールです。現在利用できるツールの中で、最も総合的なPLLシンセサイザーの設計/シミュレーション・ツールです。実施されるシミュレーションには、主要な非線形効果が含まれており、これはPLLの性能に大きく影響を及ぼします。ADIsimPLLによって、設計プロセスの繰り返し作業が1つ以上排除されるため、設計から製品の市場投入までの期間が大幅に短縮することができます。
    設計ツール&シミュレータ HTML

    評価用キット / シンボル & フットプリント

    評価ボード&キット資料と購入については、評価ボード&キットのページをご覧ください。

    シンボル&フットプリントアナログ・デバイセズでは、多岐にわたるCADシステムにおいて、簡単に使用することができる、シンボルとフットプリントのデータを提供しています。

    ADL5592 Evaluation Board
    モデル 概要 価格 RoHS PCN/製造中止案内 在庫確認/
    購入/サンプル
    ADL5592-EVALZ 製品状況: 最終購入可能日 Evaluation Board $ 0.00 Yes -

    ここに表示されている価格は、1個あたりの価格です。米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

    在庫確認&購入

    販売代理店リストを見る
    沪ICP备09046653号
    この製品に対するご感想 X
    content here.
    content here.

    この製品に対するご感想

    閉じる