製品概要

機能と利点

  • 高いチャンネル数32 x 32、高速、非ブロッキング・スイッチ・アレイ
  • 差動またはシングルエンド動作
  • 差動 G = +1
  • 柔軟な電源供給
    • 単電源+5Vまたは両電源±2.5V電源
  • シリアルまたはパラレルによるスイッチ・アレイのプログラミング
  • 出力ディスエーブル時、高出力インピーダンスのため、複数デバイスを最小の出力バス負荷で接続可能
  • 優れたビデオ性能
    • >50MHz、0.1dBのゲイン平坦性
    • 0.05%/0.05°の微分ゲイン/微分位相誤差(RL=150Ω)
  • 優れたAC仕様
    • 帯域幅:600MHz、
    • スルーレート:1,800 V/μs
    • 1%へのセトリング時間:2.5ns
  • 詳細については、データシートを参照してください

製品概要

AD8117/AD8118は、高速32×32のアナログ・クロスポイント・スイッチ・マトリクスです。これらのICは、高解像度のコンピュータ・グラフィック(RGB)信号のスイッチングに対して、600MHzの帯域幅、1800V/μsのスルーレートを提供します。クロストークは-70 dB以下で、5 MHzにおけるアイソレーションが-80 dB以上であるため、AD8117/AD8118は多くの高速アプリケーションに対して有用な製品です。50MHzを超える0.1dB平坦特性を備えているため、AD8117/AD8118は、コンポジット・ビデオのスイッチングにとっても最適です。

AD8117/AD8118は、32個の独立した出力バッファを含んでおり、パラレル・クロスポイント出力のため高インピーダンス状態にすることができますので、オフ・チャンネルは出力バスに対して最小負荷となります。 AD8117は+1の差動ゲインを持っており、一方AD8118は、バック終端負荷アプリケーションで用意に使えるように、+2の差動ゲインを備えています。これらのICは、完全差動で動作し、またはシングルエンド動作として構成することができます。単電源+5Vまたは±2.5Vの両電源のどちらでも使うことができ、一方全ての出力がイネーブル状態でのアイドル電流はわずか500mAしか消費しません。チャンネル・スイッチはダブル・バッファされたシリアル・デジタル制御を介して(この制御はいくつかのデバイスのデイジーチェーンにも適応でき)、またはパラレル制御を介して完遂されます、個々の出力のアップデートは、アレイ全体を再プログラミングすることなく、行うことが出来ます。

AD8117/AD8118は、304ボールBGAパッケージを採用し、-40℃~+85℃の拡張工業用温度範囲にわたって動作が仕様規定されています。

アプリケーション
  • 以下の高速信号のルーチング:
    • RGBとコンポーネント・ビデオ
    • KVM
    • コンポジット・ビデオ(MPEG、ウエブレット)
    • データ通信関連

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

評価キット (1)

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.