AD8108

ビデオ・クロスポイント・スイッチ(ゲイン=1)、325MHz、8×8、バッファ付き

Manufactured by:

製品概要

AD8108とAD8109は、高速の8×8ビデオ・クロスポイント・スイッチ・マトリックスです。250MHzを超える-3dB信号帯域幅と、1%のセトリングで25ns以内のチャンネル・スイッチング・タイムを実現します。-83dBのクロストークと-98dBのアイソレーション(5MHz時)により、多くの高速アプリケーションで有効です。0.02%以下の微分ゲイン誤差、0.02°以下の微分位相誤差、さらに60MHzまで0.1dBの平坦性によって、AD8108/AD8109はビデオ信号のスイッチングに理想的です。 

AD8108/AD8109には8個の独立な出力バッファが内蔵されています。クロスポイント出力をパラレル接続した際に、OFF状態のチャンネルが出力バスの負荷にならないようにするため、これらの出力バッファを高インピーダンス状態にすることができます。AD8108とAD8109のゲインは、それぞれ1と2です。これらは、電源電圧±5 Vで動作し、アイドル消費電流はわずか45 mAです。チャンネルのスイッチングは、シリアル・デジタル制御(複数デバイスのデイジーチェーン接続が可能)またはパラレル制御を使用して行い、アレイ全体の再書込みを行わずに、個々の出力の更新が可能です。

AD8108/AD8109は80ピンのLQFPパッケージを使用しており、-40~+85℃の拡張工業温度範囲で供給されます。 

アプリケーション
  • 次の高速信号のルーティング
    • コンポジット・ビデオ(NTSC、PAL、S、SECAM)
    • コンポーネント・ビデオ(YUV、RGB)
    • 圧縮ビデオ信号(MPEG、Wavelet)
    • 3レベル・デジタル・ビデオ(HDB3)

製品ライフサイクル

checked 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

評価キット

(1)

X +

EVAL-AD8108

製品概要

This page provides ordering information for the AD8108 325 MHz, 8 x 8 Buffered Video Crosspoint Switch (Gain = 1) evaluation board.

参考資料

X +

設計リソース

X +

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

AD8108 Material Declaration
PCN-PDN Information Quality And Reliability Symbols and Footprints

ディスカッション

X+
Didn't find what you were looking for? Ask the Analog community »

サンプル&購入

X+

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明