製品概要

機能と利点

  • 多チャンネルの32×16高速非ブロッキング・スイッチ・アレイ
  • 差動またはシングルエンド動作
  • 差動ゲイン:G=+1(AD8104)またはG=+2(AD8105)
  • AD8117/AD8118とピン互換、32×32スイッチ・アレイ
  • 柔軟性に優れた電源
    • 単電源+5V、両電源±2.5V
  • スイッチ・アレイのシリアル/パラレル・プログラミング
  • 優れたビデオ性能
    • 50MHzを超えるまで0.1dBのゲイン平坦性
    • 0.05%の微分ゲイン誤差(RL=150Ω)
    • 0.05°の微分位相誤差(RL=150Ω)
  • 高インピーダンスの出力ディスエーブルにより、出力バスの最小負荷で複数デバイスの接続が可能
  • 優れたAC性能
    • 帯域幅:600MHz
    • スルーレート:1800V/μs
    • セトリング時間:1%まで2.5ns
  • 低消費電力:1.7W
  • 低い全チャンネル間クロストーク:
    • <-70dB@5MHz
    • <-40dB@600MHz
  • すべての出力のディスエーブルが可能なリセット・ピン(コンデンサを介してグラウンドに接続すると、パワーオン・リセット機能を実現)
  • 304 ボール BGA パッケージ(31 mm × 31 mm)

製品概要

AD8104/AD8105は、32×16の高速アナログ・クロスポイント・スイッチ・マトリックスです。600MHzの信号帯域幅と1800V/μsのスルーレートで、高分解能コンピュータ・グラフィックス(RGB)信号のスイッチングを行います。各チャンネル間のクロストークは-70dBを下回り、アイソレーションは-90dB(@5MHz)であるため、数多くの高速アプリケーションで非常に役に立ちます。AD8104/AD8105は50MHzを超えるまで0.1dBの平坦性を備えているため、コンポジット・ビデオ・スイッチングに最適です。 

AD8104/AD8105には16個の独立した出力バッファがあり、これらの出力バッファを高インピーダンス状態にして、オフ状態のチャンネルの負荷を出力バスに対して最小限に抑え、クロスポイント出力をパラレルに接続することができます。AD8104の差動ゲインは+1ですが、AD8105は逆終端負荷のアプリケーションで使いやすいように差動ゲインが+2となっています。本製品は完全差動デバイスとして動作しますが、シングルエンド動作の設定も可能です。+5V単電源または±2.5V両電源のいずれも使用でき、すべての出力をイネーブルにしたときのアイドル時消費電流はわずか340mAです。チャンネルのスイッチングは、ダブルバッファのシリアル・デジタル制御(複数デバイスのデイジーチェーンに対応可能)またはパラレル制御を介して実行されるため、アレイ全体の設定変更を行わずに個々の出力を更新できます。 

AD8104/AD8105は304ボールのBGAパッケージを採用しており、-40~+85℃の拡張工業用温度範囲で動作します。 

アプリケーション
  • 高速信号のルーティング
    • RGBおよびコンポーネント・ビデオ・ルーティング
    • KVM
    • 圧縮ビデオ(MPEG、ウェーブレット)
    • データ通信

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

評価キット (1)

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

ディスカッション

AD8104 探していたものは見つかりませんでしたか? » 是非アナログ・コミュニティ(英語)を覗いてみて下さい»