ADL5570

パワーアンプ、2.3~2.4GHz、WiMAX向け
Manufactured by:

製品概要

ADL5570は、高い直線性を備えた、WiMAX端末(デューティサイクル31%、TDDを使用)向けの2.3~2.4GHzパワーアンプです。29dBのゲイン、31dBmの出力圧縮ポイント(@2.35GHz)で、最大26dBmの出力電力レベルで動作し、電源電圧3.5VでEVMを3%以下に保つことができます(OFDM 16 / 64 QAM)。PAEは20%(POUT@25dBm)です。

ADL5570のRF入力はチップ上でマッチングされており、入力リターン損失は-10dB未満です。オープンコレクタ出力は、ストリップラインおよび外付けのシャントに対して外部でマッチングを行います。

ADL5570は3.2~4.2Vの電源で動作し、25dBm出力時(3.5V電源)の電源電流は440mA実効値(データ・バースト中)です。出力レベルが10dBm以下の動作の場合は、低消費電力モードになり、動作電流は100mA、静止電流は70mAで最適化されます。静止電流を1mAに低減するスタンバイ・モードは、TDD(時分割二重)端末がデータを受信しているときに便利です。

ADL5570はGaAs HBTプロセスで製造されており、4mm×4mm、16ピン、鉛フリー、RoHS準拠のLFCSPを採用しています。このパッケージは露出パドルを備え、熱抵抗特性に優れています。-40~+85℃の温度範囲で動作します。

アプリケーション

  • WiMAX/WiBro移動端末

製品ライフサイクル

checked 最終販売

このファミリーの全製品について製造中止が予定されています。製品の最終購入をご検討の場合は、弊社営業担当、あるいは販売代理店にお問い合わせください。また、「製造中止情報」 をご覧いただき、最終受注期限および最終引き受け納期をご確認ください。

代替製品

ツール

X +

Design Tools

設計リソース

X +

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

ADL5570 Material Declaration
PCN-PDN Information Quality And Reliability Symbols and Footprints

ディスカッション

X+

ADL5570 Discussions

Didn't find what you were looking for?