ADL5605

RFドライバ・アンプ、700MHz~1,000MHz、2段構成、1W
Manufactured by:

製品概要

ADL5605は、700MHz~1,000MHzの周波数範囲にわたって動作する、広帯域、2段構成、1WのRFドライバ・アンプです。

ADL5605は、5Vの供給電源で動作し、307 mAの電流を消費します。またこのドライバは、TDDアプリケーション、省エネ・モードを要求するようなアプリケーションまたは間欠的にデータを伝送するようなアプリケーションに対する高速のパワー・アップ/パワー・ダウン機能を備えています。

ADL5605はGaAs HBTプロセスで製造され、小型4 mm × 4 mm、16ピンLFCSPパッケージを採用しています。このパッケージには、優れた熱抵抗を実現する露出パドルが付いています。ADL5605は-40℃~+85℃で動作します。完全実装され、943MHzにチューニングされた評価用ボードも入手可能となっています。

アプリケーション
  • ワイヤレス・インフラストラクチャ
  • 自動テスト装置
  • ISM/AMRアプリケーション

製品ライフサイクル

checked 新規設計にお薦めします

発売済みの製品です。データシートには、最終的な仕様と動作条件がすべて記載されています。新規の設計には、これらの製品の使用を推奨します。

評価キット

X +

製品概要

ADL5605-EVALZ is a 4-layer, FR4-equivalent printed circuit board, and configured for 943 MHz operation. It requires 5V/307 mA power supply for normal operation. The 5V power supply should be connected to the vector leads, labeled VCC1 and GND3. RFIN is the RF input port, and RFOUT is the RF output port. Both ports are populated with edge-mounted SMA connectors.

ツール

X +

S-Parameters

Design Tools

設計リソース

X +

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

ADL5605 Material Declaration
PCN-PDN Information Quality And Reliability Symbols and Footprints

ディスカッション

X+

Didn't find what you were looking for?

サンプル&購入

X+

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明

 

 

 

評価用ボード 表示されている価格は、1個あたりの価格です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。