製品概要

機能と利点

  • 動作周波数:869~960MHz
  • 出力圧縮ポイントP1dB:16dBm
  • 出力3次インターセプト・ポイント(OIP3):29dBm@900MHz
  • ノイズ指数:-157dBm/Hz
  • サイドバンド抑制:<-50dBc@900MHz
  • ベースバンド出力信号のコモンモード・バイアス:1.5V
  • LOリーク:-50dBc@900MHz、POUT = 5 dBm
  • 単電源:4.75~5.25V
  • パッケージ:36、6mm×6mm LFCSP

製品概要

このモノリシックRF直交変調器ファミリー製品は、869~960MHzおよび1805~1990MHzの周波数レンジ用に設計されています。優れた位相精度と振幅バランスにより、通信システム向けの高性能な直接RF変調が可能です。 

ADL5590とADL5591は、GSM(移動通信用のグローバル・システム)ネットワークを使用するシステムなど、デジタル通信システム内の直接RF変調器として使用できます。これらの製品は、EDGE(GSM進化型高速データレート)に対応しています。 

このファミリー製品は、アナログ・デバイセズの先進的なシリコンゲルマニウム(SiGe)バイポーラ・プロセスで製造されており、36ピン、露出パドル付きのLFCSPパッケージで提供しています。-40~+85°Cの温度範囲で動作します。 

アプリケーション

  • 無線インフラストラクチャ
  • GSMトランスミッタ用に最適化

製品カテゴリ

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

ツール

設計ツール

ADIsimRF

アナログ・デバイセズのADIsimRF設計ツールは、カスケード・ゲインやノイズ指数、IP3、P1dB、総合消費電力などRFシグナル・チェーン内の最も重要なパラメータの計算を行います。

ADIsimPLL™

アナログ・デバイセズの新しい高性能PLL製品を迅速かつ確実に評価できるツールです。現在利用できるツールの中で、最も総合的なPLLシンセサイザーの設計/シミュレーション・ツールです。実施されるシミュレーションには、主要な非線形効果が含まれており、これはPLLの性能に大きく影響を及ぼします。ADIsimPLLによって、設計プロセスの繰り返し作業が1つ以上排除されるため、設計から製品の市場投入までの期間が大幅に短縮することができます。

おすすめ製品

ADL5590 互換製品

推奨製品 Differential Dual Baseband TxDAC's

推奨製品 PLL's

  • For high performance with integrated VCO: ADF4350.
  • For higher performance, higher frequency and faster locktimes: ADF4106, ADF4156.

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

PCN-PDN Information

サンプル&購入

PC版サイトでは、サンプルと製品の購入をいただけます。


価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明