ADAV4622

オーディオ・プロセッサ、アドバンスドTV向け、IFデモジュレータ内蔵、ステレオ・デコーダ内蔵
Manufactured by:

製品概要

ADAV4622は、デジタルとアナログのベースバンド・オーディオを完全にサポートし、マルチ・スタンダードのブロードキャストSIFデモジュレータとデコーダを備えた、アドバンスドTVアプリケーションを対象とする機能強化型オーディオ・プロセッサです。

このオーディオ・プロセッサは、デフォルトとして、フル・マトリックス・スイッチング機能(任意入力対任意出力)、アドバタイズメント時(コマーシャル放送時)またはチャンネル切り替え時のボリューム変化を補償する自動ボリューム・コントロール機能、ダイナミック・バス、マルチバンド・イコライザ、オーディオ・ビデオ同期用のステレオ遅延メモリ(最大200ms)を採用した専用TVオーディオ・フローをロードします。

また、アナログ・デバイセズが受賞したグラフィカル・プログラミング・ツール (SigmaStudio™)を提供します。このツールを使うと、カスタム・フローを迅速に開発、評価することができます。これは、サードパーティ・アルゴリズムなどのアナログ・デバイセズ・ライブラリを使うことで、お客様独自のオーディオ・フローを作ることができます。

アナログI/Oには、弊社独自の連続時間マルチビットΣ-Δアーキテクチャが内蔵されています。このアーキテクチャは、ATVシステムでサードパーティ・アルゴリズム・プロバイダがシステム・ブランド認定のために必要とする高レベルの性能を実現します。アナログ入力は95dBダイナミック・レンジ(DNR)のA/Dコンバータにより、アナログ出力は94dB DNRのD/Aコンバータにより、それぞれ構成されています。

メイン・スピーカ出力には、デジタル・アンプをサポートするため、デジタル変調されたPWMストリームが出力されます。

ADAV4622には、デジタルのマルチチャンネル入力と出力が内蔵されています。さらに、デジタル入力チャンネルは、5kHz~50kHzの任意のサンプル・レートをサポートする内蔵サンプル・レート・コンバータ(SRC)を経由して、ルートを切り替えることができます。

アプリケーション

  • 汎用、民生向けオーディオ・ポストプロセッシング
  • ホーム・オーディオ
    DVDレコーダ
    ボックス(HTIB)システム内のホーム・シアターやDVDレシーバ
  • DTV対応TVのオーディオ処理サブシステム
  • iDTV向けのアナログ放送機能

製品ライフサイクル

cross 新規設計には非推奨

新規設計にはお勧めしていません。

評価キット

X +

製品概要

This page contains evaluation board documentation and ordering information for evaluating the ADAV4622.

ソフトウェア & システム

X+

設計リソース

X +

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

ADAV4622 Material Declaration
PCN-PDN Information Quality And Reliability Symbols and Footprints

ディスカッション

X+

Didn't find what you were looking for?

サンプル&購入

X+

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明