AD1940

SigmaDSP™、オーディオ信号プロセッサ、マルチチャンネル、28ビット
Manufactured by:

製品概要

AD1940/AD1941は全機能内蔵型の28ビット、シングル・チップ、マルチチャンネルのオーディオ用DSPであり、イコライゼーション、マルチバンド・ダイナミクス処理、遅延補償、スピーカ補償、および画像エンハンスメントを実行します。 これらのアルゴリズムを使用して、スピーカ、アンプ、およびリスニング環境で実際に発生するリアルワールドの制約を補償できるため、聴覚に伝わるオーディオ品質が大幅に向上します。

AD1940/AD1941で行われる信号処理は、ハイエンドのスタジオ機器での信号処理に匹敵します。この信号処理の大部分を最高の56ビット倍精度モードで実行するため、非常に優れた低レベルの信号性能が実現し、しかもリミット・サイクルまたはアイドル・トーンがまったく発生しません。ダイナミクス・プロセッサには、ハイエンドの放送用圧縮器でよく用いられる、非常に高性能の複数ブレークポイント・アルゴリズムが採用されています。

AD1940/AD1941は完全にプログラマブルなDSPです。ソフトウェアの操作が容易であるため、ユーザはバイクワッド・フィルタ、ダイナミクス・プロセッサ、サラウンド・サウンド・プロセッサなどのブロックを使用して、カスタム信号処理フローをグラフィカルに設定できます。拡張型の制御ポートが用意されているため、クリック音のないパラメータ更新が可能であり、また、アルゴリズム・フローのどのポイントからも読出し機能を実行できます。

AD1940/AD1941のデジタル入力および出力ポートによって、多数の2チャンネル・シリアル・データ・ストリームまたはTDMデータ・ストリームによるADCおよびDACとのグルーレスな接続が可能です。TDMモード時に、AD1940/AD1941は8または16チャンネルのシリアル・データを入力および出力できます。また、入力および出力ポートの構成を個別に設定することも可能です。AD1940は4線のSPIポートによって制御され、AD1941は2線のI2Cバスによって制御されます。制御インターフェース以外については、2つの製品の機能は同じです。

アプリケーション

  • 自動車用サウンド・システム
  • デジタル・テレビ
  • ホームシアター・システム(Dolbyデジタル/DTSポストプロセッサ)
  • マルチチャンネル・オーディオ・システム
  • ミニコンポーネント・ステレオ
  • マルチメディア・オーディオ
  • デジタル・スピーカ・クロスオーバー音源を座席に埋め込んだサウンド・システム(航空機/自動車の座席)

  • 製品ライフサイクル

    checked 製造中

    この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

    評価キット

    X +

    製品概要

    Full-Featured AD1940 SigmaDSP evaluation board with AD1939 and AD1974 Codecs. It provides buffered analog inputs and ouptuts as well as S/PDIF and digital I2S/TDM connectors. 6 V power supply and USBi are included in the package.

    Small AD1940 SigmaDSP evaluation board with AD1938 Codec and buffered analog inputs and outputs. 6 V power supply and USBi are included in the package. This is the recommended evaluation board for the AD1940. The EVAL-AD1940AZ can be used if this board lacks some necessary functionality or interface.

    製品概要

    The Analog Devices USBi “USB Interface” (EVAL-ADUSB2EBZ) board is the interface between your PC's USB port and SigmaDSP hardware's data input pins. This interface can be used with any evaluation board which includes an External SPI/I²C header (Aardvark Header). The EVAL-ADUSB2EBZ board is capable of both SPI and I²C communication (which is user selectable) and can supply IOVDD of either 3.3V or 1.8V.The USBi interface is powered from the computer's USB port.

    To Install the USBi Board:
    • Connect the USB cable to the USBi Board a spare USB port on your PC.
    • The Windows “Found New Hardware Wizard” will launch.
    • Choose “Install from a list or a specific location” and click “Next”.
    • Select “Search for the best driver in these locations” and Check the box for “Include this location in the search.”
    • Press the “Browse” button and locate the appropriate driver file in the SigmaStudio application folder (default folder is C:\Program Files\Analog Devices Inc\Sigma Studio\USB drivers): Select the CyUSB.inf file.
    • Click “Continue Anyway” if you're prompted with “This software has not passed Windows Logo testing.”
    Using USBi in SigmaStudio:
    To communication between SigmaStudio and the USBi board, a communication channel block must be added to the Schematic design. To locate the block, select the Hardware Configuration Tab, int the ToolBox or Tree ToolBox window choose the “Communication Channels” category, and select the USBi block.

    USBi

    This block provides connections for multiple processors (ICs / DSPs), allowing you to use multiple processors in a single design. This block allows you to explicitly specify both the communication protocol (SPI or I²C) and the part's address, I²C address or SPI clatch line. The DSP hardware's address must match the block's selected address for communication to function properly. See the parts data sheet for more information about addressing (e.g. ADR_SEL, ADDR0, or ADDR1 pins). The default USBi protocol is I²C, to enable SPI, you must first select an SPI address in the block's drop down menu and then perform three write operations (e.g. press the write button the Register Read/Write Window 3 times). The USBi hardware has LEDs which indicate the current mode, I²C or SPI.

    ソフトウェア & システム

    X+

    Software Development Tools

    おすすめ製品

    X +
    AD1940 互換製品

    推奨製品 Audio DAC

    • For a high performance, 16-channel, differential output DAC , we recommend the ADAU1966 .

    推奨製品 I2S MEMS Microphone

    • For a high performance, low power, complete microphone solution , we recommend the ADMP441 .

    設計リソース

    X +

    ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

    AD1940 Material Declaration
    PCN-PDN Information Quality And Reliability Symbols and Footprints

    ディスカッション

    X+

    Didn't find what you were looking for?

    サンプル&購入

    X+

    価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

     

    モデル一覧の項目説明

     

     

     

    評価用ボード 表示されている価格は、1個あたりの価格です。
    価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。