ADP120

リニア・レギュレータ、低静止電流100 mA、CMOS、
Manufactured by:

製品概要

ADP120、低静止電流、低ドロップアウト・リニア・レギュレータは、 2.3~5.5Vの電圧で動作し、出力電流は最大100mA提供します。100mA負荷時でのドロップアウト電圧はわずか60mVで効率を向上させており、さらに広い入力電圧範囲で動作させることを可能としています。最大負荷時の静止電流は22µAと低く、ADP120はバッテリ動作の携帯機器にとっては理想的といえます。

ADP120には、1.2~3.3Vの出力電圧範囲用意されています。この製品は出力コンデンサとして1µFの小型セラミック・コンデンサで安定動作するように最適化されています。ADP120は最小限のボード面積と良好な過渡性能を提供します。短絡保護、過負荷過熱保護回路は悪条件下での損傷を防ぐことができます。ADP120は小型5ピンTSOTパッケージと0.4mmピッチの4ボールWLCSPで供給され、数々の携帯用アップリケーションで最小の占有面積で使うことができます。

製品ライフサイクル

checked 最終販売

このファミリーの全製品について製造中止が予定されています。製品の最終購入をご検討の場合は、弊社営業担当、あるいは販売代理店にお問い合わせください。また、「製造中止情報」 をご覧いただき、最終受注期限および最終引き受け納期をご確認ください。

代替製品

評価キット

X +

製品概要

In order to get the correct unpopulated evaluation board with an appropriate Bill of Materials and Schematic, you need to use the button for "Request Evaluation Board" from within the design tool. Make sure the design tool is in a state that matches your desired power requirements.

This will create a template email that will request from us the proper blank evaluation board for that ADI part and your application's power parameters.


Note: Some parts have multiple blank boards for high/low current or for different topologies (Boost, SEPIC, SEPIC-Cuk), while other blank boards support multiple ADI parts. This is why it is important to run the design tool with your parameters before making your email request from the tool.

関連資料

X +

ツール

X +

Design Tools

設計リソース

X +

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

ADP120 Material Declaration
PCN-PDN Information Quality And Reliability Symbols and Footprints

ディスカッション

X+

ADP120 Discussions

Didn't find what you were looking for?