ADXL312

デジタル・加速度計、3軸、±1.5 g/±3g/±6g/±12g
Manufactured by:

製品概要

ADXL312は小型、薄型、超低消費の3軸加速度センサーで、最大±12 gの測定で高分解能(13ビット)を提供します。デジタル出力データは16ビット「2の補数」フォーマットで、SPI(3線または4線)あるいはI2Cどちらかのデジタル・インターフェースを介してアクセスできます。

ADXL312は、自動車のアラームやブラック・ボックス・アプリケーション用として非常に適しています。このデバイスは、傾き検出のアプリケーションのような静的加速度だけではなく、動きやショックからの動的加速度結果も測定します。高分解能(2.9 mg/LSB)であるため、0.25°ほど小さな傾き変化でも測定することが可能です。FIFOが内蔵されているため、0.05°ほど小さな傾きまで分解能を向上させるためにオーバーサンプリング技法を使うことも可能です。

いくつかの特別なセンシング機能も提供されます。アクティブかアクティブでないかの事前検出または無動作の検出と各軸でのユーザー設定レベルを超えるような加速度の検出機能。これらの機能は、割り込み出力ピンの一つに割り当てることができます。内蔵されている32レベルのFIFOは、ホスト・プロセッサーにストアするデータを最小化するために使うことが出来ます。

低消費電力モードでは、インテリジェントなモーション-ベースのパワー・マネージメントがスレショールド・センシングと極めて低消費電力での加速度計測を可能としています。ADXL312は小型、薄型5mm×5 mm×1.45 mm、32ピンLFCSPパッケージを採用しています。

アプリケーション

  • カー・アラーム
  • 坂道発進補助装置 (HSA)
  • 電子式パーキング・ブレーキe
  • データ・レコーダ(ブラック・ボックス

製品ライフサイクル

checked 新規設計にお薦めします

発売済みの製品です。データシートには、最終的な仕様と動作条件がすべて記載されています。新規の設計には、これらの製品の使用を推奨します。

評価キット

X +

製品概要

The EVAL-ADXL312Z is a simple breakout board that enables easy connection of an ADXL312 into an existing system. The ADXL312 is a digital-output, 3-axis accelerometer whose low power consumption and built-in features make it ideal for use in a wide variety of applications. Due to its small size, the EVAL-ADXL312Z has minimal effect on performance of the system and of the accelerometer, and thus it is ideal for evaluation of the ADXL312 in an existing system. Note that the ADXL312 must be communicated with digitally via SPI or I2C. No processor is included with the EVAL-ADXL312Z; firmware must be supplied externally by the user. For evaluation boards that include a processor, please see the EVAL-ADXL312Z-M.

EVAL-MST-ISEB ブロック図

製品概要

The iMEMS® Real Time Eval System is an easy-to-use evaluation tool targeting bench or desktop characterization of Analog Devices, Inc., inertial sensor products. The system consists of the inertial sensor evaluation board (ISEB), or main board, and a satellite board for any Analog Devices inertial sensor product. The ISEB connects directly to a PC via an USB cable, with the USB connection providing both communications and power to the board. The ISEB is connected to the satellite board through a ribbon cable. This cable allows the satellite to be easily manipulated for testing or separately placed into an environmental chamber for temperature or humidity testing. Separating the boards mitigates corruption of data due to the temperature and humidity effects of other components.

The ISEB is an universal main board and is intended to be used with various satellites of Analog Devices inertial sensors, including analog and digital accelerometers, as well as gyroscopes. The different products are evaluated by means of separate GUIs that are customized for performance and characterization measurements relevant to the inertial sensor being evaluated.


The EVAL-ADxZ-M system contains the ISEB and the EVAL-ADxZ-S satellite. Also included is an USB A to Mini-B cable to connect the ISEB to a PC and an 18-inch, 20-pin ribbon cable to connect the ISEB to the satellite.

設計リソース

X +

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

ADXL312 Material Declaration
PCN-PDN Information Quality And Reliability Symbols and Footprints

ディスカッション

X+

Didn't find what you were looking for?

サンプル&購入

X+

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明

 

 

 

評価用ボード 表示されている価格は、1個あたりの価格です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。