AD834

アナログ乗算器、500MHz、4象限
Manufactured by:

製品概要

AD834は、レーザ・トリミングされたモノリシックの4象限アナログ乗算器です。高周波アプリケーションでの使用を対象にしており、トランスコンダクタンス帯域幅(RL=50Ω)は、どちらの差動電圧入力も500MHz以上です。乗算器モードでのフルスケールの合計誤差は標準で0.5%ですが、アプリケーションのモードと外付けの回路に依存します。性能は、熱や電源電圧の変化の影響を比較的受けにくくなっています。これは、バンドギャップ基準ジェネレータに基づく安定したバイアスの使用やその他の設計上の特長によるものです。

AD834はフル帯域幅の能力を保つために高速バイポーラ・プロセスを使用しています。出力は電流の差動ペアとしてオープン・コレクタ端に現れます。シングルエンドのグラウンド基準電圧出力を提供するため、何らかの形で外部電流を電圧に変換する必要があります。このために、広帯域トランス、バラン、あるいはオペアンプなどのアクティブ回路を使用できます。一部のアプリケーション(電力測定など)では、後段の信号処理なしで広帯域幅が得られます。

伝達関数は、X=Y=±1Vのとき、差動出力が±4mAになるように正確にトリミングされています。この絶対的なキャリブレーションにより、負荷回路の精度とは関係なく、2つ以上のAD834の出力をまったく等しい重みで合計できます。

AD834Jは0~+70℃の商用温度範囲で利用できるように仕様規定しており、8ピン・プラスチックDIPパッケージと8ピン・プラスチックSOICパッケージで提供しています。AD834Aはサーディップで提供しており、-40~+85℃の工業用温度範囲で動作します。AD834SQ/883Bは8ピンのCERDIPで供給され軍用温度範囲-55~+125℃にわたる動作が可能です。 AD834に関する2本のアプリケーション・ノート( AN-212(英語pdf)とAN-216(英語pdf))がウエブから入手可能です。さらに詳細なアプリケーション回路に関してはAD811のデータシートも参照してください。

製品ライフサイクル

checked 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

設計リソース

X +

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

AD834 Material Declaration
PCN-PDN Information Quality And Reliability Symbols and Footprints

サンプル&購入

X+

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明