ADSP-SC58x/ADSP-2158x シリーズ

SHARC+コアとARM® コアのマルチコアSOC、高機能リアルタイム・オーディオと工業向けアプリケーションに24GFLOPSの性能を2Wで提供。

様々なリアルタイム・アプリケーション向けに最適な製品です。

  • 自動車、コンシューマ、プロ用オーディオ
  • 多軸モーター制御
  • エネルギー供給システム
  • その他信号処理負荷の過大なアプリケーション




  • ADSP-SC589:  Dual-core SHARC+ (w/1.25MB L1), ARM Cortex-A5, dual DDR, 2xEthernet, 2xUSB, SDIO, PCIe, 529-cspBGA
  • ADSP-SC587:  Dual-core SHARC+ (w/1.25MB L1), ARM Cortex-A5, dual DDR, 2xEthernet, 2xUSB, SDIO, 529-cspBGA
  • ADSP-SC584:  Dual-core SHARC+ (w/1.25MB L1), ARM Cortex-A5, DDR, Ethernet, USB, 349-cspBGA
  • ADSP-SC583:  Dual-core SHARC+ (w/768KB L1), ARM Cortex-A5, DDR, Ethernet, USB, 349-cspBGA
  • ADSP-SC582:  Single-core SHARC+ (w/640KB L1), ARM Cortex-A5, DDR, Ethernet, USB, 349-cspBGA
  • ADSP-21587:  Dual-core SHARC+ DSP (w/1.25MB L1), dual DDR, 529-cspBGA
  • ADSP-21584:  Dual-core SHARC+ DSP (w/1.25MB L1), DDR, 349-cspBGA
  • ADSP-21583:  Dual-core SHARC+ DSP (w/1.25MB L1), DDR, 349-cspBGA
  
            ファミリーの比較           

特長と利点

BOMコストと基板面積を最適化するシングル・チップSOC

  • デュアルのSHARC+コア(浮動小数点DSP)とARM® Cortex®-A5プロセッサを集積
2Wでクラス最高の性能を発揮する低消費電力浮動小数点DSP
  • 5.4GFLOP、1.8GMACSの浮動小数点DSP性能(SHARC+ コア:2×450MHz)
  • 内蔵FFT/iFFTアクセラレータは18GFLOP (SHARCコアの5倍以上の性能)(DMA時に5マイクロ秒で1024ポイントのcFFTを実行可能)
  • 105°Cの環境に対応し、ヒートシンクの必要性を軽減します。またファンを不要にすることで製品の信頼性とロバスト性の向上に寄与
高集積・最適化の低消費電力ネットワーク接続エンジン(ADSP-SC58xシリーズのみ)
  • FPUおよびNeon® DSP拡張命令をもつ業界標準のARM® Cortex®-A5(450MHz時720DMIPS)
  • ギガビットEthernet(AVB)、MLB、USB、CAN、SDIO 、PCIeなどの多数の周辺機能を集積
高度なリアルタイム浮動小数点信号処理を必要とするアプリケーションに最適
  • SHARCプロセッサの2倍の性能かつ使いやすいDSPコーディングはそのまま
  • SHARCコアとコード互換である新しいSHARC+コアは、倍精度浮動小数点演算をサポート。また、バイトアドレッシング、予測分岐もサポートし、L1 SRAMはキャッシュとしても使用可能

  • SHARC+コアひとつあたり640KBの大容量オンチップL1 SRAM/キャッシュを内蔵。共有L2 SRAMは256KB、拡張されたDMA機能
  • 最大2つのDDR3インターフェースをもつ高性能外部メモリ・インターフェイス
  • 8×フルSPORT(I2S)、SPDIF、サンプル・レート・コンバータなど、グルーレスな接続を実現するデジタル・オーディオ・インターフェース群
  • Quad SPI、I2C、UARTなど豊富なシリアル・インターフェース
  • 高速なリンクポートやPCIeインターフェイスにより、スケーラブルなマルチデバイス環境をサポート
暗号化アクセラレータとOTPメモリによる高度なセキュリティ機能
  • IPの保護を実現する高速セキュア・ブートとセキュア・ネットワーク接続
パリティまたはECC方式を実装したSRAMと障害管理ユニットで実現するデータの保護


さまざまなのADSP-SC58x/ADSP-2158x製品群のバリエーション
  • シングルまたはデュアルのSHARC+コア、ARM® Cortex®-A5プロセッサあり/なし、そしてさまざまな周辺機能のオプション
  • cspBGAパッケージ19mm×19mm(0.8mmピッチ)
  • 種類のピン数:ハイピンカウントのフル機能バージョン(529ボール)とコスト最適化のためのローピンカウント・オプション(349ボール)
使いやすい先進的な開発ツール
  • 最適化されたC/C++コンパイラ、DSPライブラリ、サンプル・プロジェクトを提供する統合開発環境CrossCore Embedded Studio(CCES)
  • Micrium社の µC/OS-II®およびµC/OS-III®リアルタイム・カーネルはSHARC+コアとARM® Cortex®-A5コアの両方をサポート。さらにMicrium社のUSBホスト、USBデバイス、ファイル・システム・スタックをARM® Cortex®-A5コアでサポート
  • 様々なリファレンス回路図とPCBデザインの詳細を提供するADSP-SC58x EZ-KIT-Lite開発評価用ボードのセット
  • 高度なアプリケーションの作成、テスト、デバッグを支援する高速JTAGエミュレータ(ICE-1000/2000)
ARM® Cortex®-A5コア用の組込みLinuxのサポート
  • Buildrootベースのディストリビューション
  • Linuxベースのホスト上でCCESをインテグレート
  • カーネルとアプリケーション両方のデバッグに対応
  • 2015年9月にベータ版をリリース予定
  • 入手希望の場合はソフトウェアリクエストフォームに必要事項をご記入の上、追加コメント欄(Additional Comments)に「Linux SC58x Support」とご記入ください。 

Software and Development Tools

Evaluation Kits

詳細はこちら

EngineerZone® CommunityGet Answers and Support