RS-232、RS-422、RS-485

アナログ・デバイセズは、数多くのアプリケーションに適したさまざまなRS-232、RS-422、RS-485トランシーバを提供しています。
RS-232仕様を使用すれば、比較的短い距離(最大50フィート)を隔てて置かれた1つのトランスミッタと1つのレシーバ間において、最大20kbpsのデータレートで信頼性の高いデータ伝送ができます。最近のRS-232トランシーバ・チップは、さらに短い距離(最大5フィート)で最大1Mbpsのデータレートを実現できます。
RS-485仕様は真のマルチポイント通信ネットワークの条件を満たしており、RS-422仕様はシンプレックス・マルチドロップ標準の条件に対応します。

RS-232インターフェース

RS-232仕様を使用すれば、比較的短い距離(最大50フィート)を隔てて置かれた1つのトランスミッタと1つのレシーバ間で、信頼性の高いデータ伝送を行うことができます。

RS-485およびRS-422インターフェース

RS-485仕様は、真のマルチポイント通信ネットワークの条件を満たすもので、バス1本(2線)あたり最大32個ずつのドライバとレシーバが定められています。一部のRS-485トランシーバは、入力インピーダンスを変更して、同じバスにさらに最大8倍のノードを追加できます。

絶縁型RS-232

アナログ・デバイセズはさまざまなRS-232トランシーバを提供しています。isoPower DACとiCoupler®技術により、絶縁型RS-232環境を実現します。

絶縁型RS-485

アナログ・デバイセズは、さまざまな標準RS-485/RS-422トランシーバと、iCoupler®絶縁型RS-485/RS-422トランシーバを提供し、数多くのアプリケーションに対応します。