類似製品

  • LTC2872
    LTC2872

    終端を内蔵したRS232/RS485デュアル・マルチプロトコル・トランシーバ

製品概要

機能と利点

  • 4個のRS232トランシーバまたは2個のRS485トランシーバをワンチップに搭載 
  • 単一5V電源動作 
  • ±10kVの繰返しESDパルスに耐える 
  • 小容量のチャージポンプ用コンデンサを使用:0.1μF 
  • 低消費電流:8mA(TYP) 
  • シャットダウン時の電源電流は10μA 
  • ループバック・モードでのセルフテスト可能 
  • パワーアップ/パワーダウン時に出力にグリッチが生じない 
  • 3ステート、シャットダウン、電源オフでドライバはハイ・インピーダンス状態を維持 
  • サーマル・シャットダウン保護回路内蔵 
  • I/Oラインの耐圧:±25V

製品概要

LTC1334は、低消費電力のCMOS双方向トランシーバで、2つの構成変更可能なインタフェース・ポートを備えています。2つのRS485差動ポート、2つのデュアルRS232シングルエンド・ポート、または1つのRS485差動ポート、および1つのデュアルRS232シングルエンド・ポートとして構成することができます。内蔵チャージポンプには、昇圧された正および負の電源を生成するために0.1μFのコンデンサが4個必要であり、それによってRS232ドライバは、単一5V電源で、RS232±5Vの出力振幅条件を満足することができます。シャットダウン・モードでは、ICC電流電源が10μAに低減されます。

RS232トランシーバはRS232規格に完全に準拠しています。RS485トランシーバはRS485およびRS422規格に完全に準拠しています。すべてのインタフェース・ドライバが短絡およびサーマル・シャットダウン保護機能を備えています。イネーブル・ピンによって、RS485ドライバ出力がハイ・インピーダンスになり、出力が電源レールを越えたり電源がオフのときでもハイ・インピーダンス状態が維持されます。ドライバ出力とレシーバ入力の両方とも±10kVのESDに対して保護されています。ループバック・モードではセルフ診断テストのために、ドライバ出力をレシーバ入力に戻して接続できます。


アプリケーション

  • 低消費電力RS485/RS422/RS232/EIA562インタフェース 
  • ソフトウェアで選択可能なマルチプロトコル・インタフェース・ポート 
  • ケーブル中継器 
  • レベル変換器 

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

おすすめ製品

LTC1334 互換製品

推奨製品 Related Parts

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

ディスカッション

LTC1334 探していたものは見つかりませんでしたか? » 是非アナログ・コミュニティ(英語)を覗いてみて下さい»

サンプル&購入

PC版サイトでは、サンプルと製品の購入をいただけます。


価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明