AD8600

8ビットD/Aコンバータ、16チャンネル、乗算型
Manufactured by:

製品概要

AD8600は、1つの外部リファレンス入力電圧を共有する16個の独立した電圧出力D/Aコンバータ(DAC)を内蔵しています。ダブルバッファ動作を実行するために、各内蔵DACはそれぞれDACレジスタと入力レジスタを備えています。8ビットのパラレル・データ入力、4本のアドレス・ピン、チップ・セレクトのCS、LD、EN、R/W、およびRSの各入力を使用して、デジタル・インターフェースを実行します。

AD8600は、CMOSロジックと高速、高精度のバイポーラ回路を適切に集積化するモノリシックCBCMOSプロセスで製造されています。このD/Aコンバータ設計では、単電源動作に最適な電圧モード動作を適用します。内蔵DACの電圧範囲は、DACGNDからVREFまでの範囲に固定されます。電圧バッファは、グラウンド電位にほぼ近い電圧からVCCよりも1.0V低い電圧まで拡張される範囲の出力電圧を供給します。リファレンス電圧値とデジタル入力の変動は、±1LSB以内の精度で、2µsでセトリングします。

内部アドレス・デコーダによって入力レジスタが選択された後で、一度につき1個の入力レジスタに対してデータを事前にロードします。書込みモード時(R/Wがローのとき)には、ENパルスのエッジが立ち上がるときにデータを入力レジスタにラッチ入力します。40nsの非常に短い信号パルスをデータのロードに使用できます。データの変更が入力レジスタに転送された後で、共通のロードEN x LDストローブ信号によってDACレジスタを同時にアップデートします。新しいアナログ出力電圧が16個すべての出力上に同時に現れます。

システムのパワーアップ時、または障害復帰のときに、リセット(RS)ピンがDACレジスタのすべてをゼロ状態に強制設定します。これにより、すべてのDAC出力が0Vに設定されます。

AD8600には、44ピンのPLCCパッケージがあります。-40~+85℃の拡張工業用温度範囲(1)で動作するように設計されており、その動作を保証するテストも実施しています。

製品ライフサイクル

checked 最終販売

このファミリーの全製品について製造中止が予定されています。製品の最終購入をご検討の場合は、弊社営業担当、あるいは販売代理店にお問い合わせください。また、「製造中止情報」 をご覧いただき、最終受注期限および最終引き受け納期をご確認ください。

代替製品

設計リソース

X +

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

AD8600 Material Declaration
PCN-PDN Information Quality And Reliability Symbols and Footprints

ディスカッション

X+

Didn't find what you were looking for?