AD5378

14ビットD/Aコンバータ、32チャンネル、シリアル / パラレル入力、バイポーラ電圧出力
Manufactured by:

製品概要

AD5378では、32個の14ビットDACが1つのCSPBGAパッケージに含まれています。AD5378は、VREF(+)とVREF(-)入力に与えられる電圧によって決定されるバイポーラ出力範囲を提供します。最大出力スパンは17.5Vで、-8.75~+8.75Vのバイポーラ出力に対応します。そしてVREF(-)=-3.5VとVREF(+)=+5Vのリファレンス電圧も可能です。

AD5378は、±11.4Vから±16.5Vの広いVSS / VDD電源電圧範囲にわたって動作が保証されています。出力アンプのヘッドルーム電圧としては、負荷電流1.5mAで2.5V、0.5mAの負荷電流時では2Vを必要とします。

AD5378はダブルバッファされたパラレル・インターフェースを備えており、14個のデータ・ビットが、WRCSの制御とDACチャンネルのアドレス・ピン(A0~A7)にしたがって入力レジスタの1つにロードされます。また、この製品は、SPI®、QSPI™、MICROWIRE™、DSPの各インターフェース規格と互換性を持つ高速シリアル・インターフェースを備えており、最大50MHzのクロック速度で動作することができます。

DAC出力はDACレジスタが新しいデータを受け取ったときに更新されます。すべての出力は、LDAC入力をロー・レベルにすることにより、同時に更新することができます。各チャンネルには、プログラマブル・ゲインおよびオフセット調整レジスタがあります。

各DAC出力は、外部のREFGND入力を基準としてゲイン倍され内蔵のバッファでバッファされます。また、DAC出力はCLRピンを介してREFGNDに切り替えることもできます。表1と表2に、多チャンネル数を持つバイポーラおよびユニポーラ電圧出力のDACに関する製品一覧を示します。

アプリケーション

  • 自動テスト装置(ATE)のレベル設定
  • 可変光減衰器(VOA)
  • 光スイッチ
  • 工業用制御システム

製品ライフサイクル

checked 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

関連資料

X +

設計リソース

X +

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

AD5378 Material Declaration
PCN-PDN Information Quality And Reliability Symbols and Footprints

ディスカッション

X+

Didn't find what you were looking for?

サンプル&購入

X+

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明