AD8600

8ビットD/Aコンバータ、16チャンネル、乗算型

Manufactured by:

Replacement Parts

Rochester Electronics and Arrow Supply Assurance have partnered with Analog Devices to source products that have been previously discontinued or have become obsolete.

製品概要

AD8600は、1つの外部リファレンス入力電圧を共有する16個の独立した電圧出力D/Aコンバータ(DAC)を内蔵しています。ダブルバッファ動作を実行するために、各内蔵DACはそれぞれDACレジスタと入力レジスタを備えています。8ビットのパラレル・データ入力、4本のアドレス・ピン、チップ・セレクトのCS、LD、EN、R/W、およびRSの各入力を使用して、デジタル・インターフェースを実行します。

AD8600は、CMOSロジックと高速、高精度のバイポーラ回路を適切に集積化するモノリシックCBCMOSプロセスで製造されています。このD/Aコンバータ設計では、単電源動作に最適な電圧モード動作を適用します。内蔵DACの電圧範囲は、DACGNDからVREFまでの範囲に固定されます。電圧バッファは、グラウンド電位にほぼ近い電圧からVCCよりも1.0V低い電圧まで拡張される範囲の出力電圧を供給します。リファレンス電圧値とデジタル入力の変動は、±1LSB以内の精度で、2µsでセトリングします。

内部アドレス・デコーダによって入力レジスタが選択された後で、一度につき1個の入力レジスタに対してデータを事前にロードします。書込みモード時(R/Wがローのとき)には、ENパルスのエッジが立ち上がるときにデータを入力レジスタにラッチ入力します。40nsの非常に短い信号パルスをデータのロードに使用できます。データの変更が入力レジスタに転送された後で、共通のロードEN x LDストローブ信号によってDACレジスタを同時にアップデートします。新しいアナログ出力電圧が16個すべての出力上に同時に現れます。

システムのパワーアップ時、または障害復帰のときに、リセット(RS)ピンがDACレジスタのすべてをゼロ状態に強制設定します。これにより、すべてのDAC出力が0Vに設定されます。

AD8600には、44ピンのPLCCパッケージがあります。-40~+85℃の拡張工業用温度範囲(1)で動作するように設計されており、その動作を保証するテストも実施しています。

類似製品