AD8532

オペアンプ、デュアル、低価格、250mA出力
Manufactured by:

製品概要

AD8531、AD8532、AD8534は、シングル、デュアル、およびクワッドのレールtoレール入出力の単電源アンプで、250mAの出力駆動電流を特長としています。高出力電流により、抵抗負荷または容量性負荷の駆動に優れた性能を発揮します。AC性能は非常に良好で、3MHzの帯域幅、5V/μsのスルーレート、低歪みを実現します。+3Vの単電源および+5Vの電源での動作を保証しています。

AD853xは超低入力バイアス電流であるため、低い入力バイアス電流が要求される積分器やダイオードアンプなどのアプリケーションに使用できます。電源電流は、5Vでアンプ当たりわずか750μAであり、低電流のアプリケーションで高電流負荷を制御できます。

アプリケーションには、コンピュータ、サウンド・ポート、サウンド・カード、およびセットトップ・ボックス用のオーディオ・アンプがあります。AD853xファミリーは非常に安定しており、LCDの場合のような大容量性負荷を駆動できます。

入力と出力でレールtoレールのスイングが可能なため、設計者はCMOS DAC、ASIC、またはその他の広範囲な出力スイング・デバイスを単電源システムでバッファできます。

AD8531、AD8532、AD8534は、拡張工業用温度範囲(1)(-40~+85℃)で仕様規定しています。AD8531はSO-8とSOT23-5のパッケージ、AD8532は8ピンのプラスチックDIP、SO-8、および8ピンTSSOPの表面実装パッケージ、AD8534は14ピンのプラスチックDIP、狭体SO-14、および14ピンのTSSOP表面実装パッケージでそれぞれ提供しています。すべてのTSSOPとSOTバージョンは、テープとリールでのみ提供しています。

アプリケーション

  • マルチメディア・オーディオ
  • LCDドライバ
  • ASICの入力 / 出力用アンプ
  • ヘッドフォン・ドライバ

代替製品:
ADA4692-2:より低い消費電力、より小型パッケージを提供


製品ライフサイクル

checked 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

代替製品

評価キット

X +

EVAL-SC589-EZLITE ブロック図

EVAL-SC589-EZLITE 写真

製品概要

The ADSP-SC589 EZ-KIT Lite and EZ-Board® are evaluation systems for the ADSP-SC58x family of SHARC® processors.  The ADSP-SC589 processor is based on the SHARC+™ core dual processor with the ARM® Cortex-A5™ processor core and is designed for a wide array of markets, from automotive and pro-audio to industrial-based applications that require high floating-point performance. The EZ-Board is shipped with all of the necessary hardware—you can start the evaluation immediately. The package contains the standalone evaluation board, CE-approved power supply, and USB cable. The EZ-KIT Lite® version ships with two 180 day licenses for CrossCore® Embedded Studio (CCES) and the ICE-1000 emulator, while the EZ-Board version requires the customer to provide an ICE-1000 or ICE-2000 emulator.


Expansion Interface III connectors are provided for interfacing with additional extender boards to provide LCD, camera, video, and audio. Traditional mechanical switches for changing the board's factory setup have been removed in favor of I2C controlled software switches. The only remaining mechanical switches are the boot mode switch, JTAG configuration switches, and push buttons.


The evaluation board is designed to be used in conjunction with the -CrossCore® Embedded Studio (CCES) development tools to test capabilities of the ADSP-SC58x processors. The development environment aids advanced application code development and debug, such as:


  • Create, compile, assemble, and link application programs written in C++, C, and assembly
  • Load, run, step, halt, and set breakpoints in application programs
  • Read and write data and program memory
  • Read and write core and peripheral registers

EVAL-SC584-EZLITE ブロック図

EVAL-SC584-EZLITE 写真

製品概要

The ADSP-SC584 EZ-KIT Lite and EZ-Board® are evaluation systems for the ADSP-SC58x family of SHARC® processors.  The ADSP-SC584 processor is based on the SHARC+™ core dual processor with the ARM® Cortex-A5™ processor core and is designed for a wide array of markets, from automotive and pro-audio to industrial-based applications that require high floating-point performance. The EZ-Board is shipped with all of the necessary hardware—you can start the evaluation immediately. The package contains the standalone evaluation board, CE-approved power supply, and USB cable. The EZ-KIT Lite® version ships with two 180 day licenses for CrossCore® Embedded Studio (CCES) and the ICE-1000 emulator, while the EZ-Board version requires the customer to provide an ICE-1000 or ICE-2000 emulator.


Expansion Interface III connectors are provided for interfacing with additional extender boards to provide LCD, camera, video, and audio. Traditional mechanical switches for changing the board's factory setup have been removed in favor of I2C controlled software switches. The only remaining mechanical switches are the boot mode switch, JTAG configuration switches, and push buttons.


The evaluation board is designed to be used in conjunction with the -CrossCore® Embedded Studio (CCES) development tools to test capabilities of the ADSP-SC58x processors. The development environment aids advanced application code development and debug, such as:


  • Create, compile, assemble, and link application programs written in C++, C, and assembly
  • Load, run, step, halt, and set breakpoints in application programs
  • Read and write data and program memory
  • Read and write core and peripheral registers

ツール

X +

SPICE Models

Design Tools

参考資料

X +

設計リソース

X +

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

AD8532 Material Declaration
PCN-PDN Information Quality And Reliability Symbols and Footprints

サンプル&購入

X+

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明

 

 

 

評価用ボード 表示されている価格は、1個あたりの価格です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。