ADAU1452

デジタル・オーディオ・プロセッサ、SigmaDSP

Manufactured by:

製品概要

ADAU1452 / ADAU1451 / ADAU1450は車載用に認定されたオーディオ・プロセッサで、初期のSigmaDSP®製品のデジタル信号処理能力をはるかに超えています。再構築されたハードウェアのアーキテクチャは、効率的なオーディオ信号処理に最適化されています。オーディオ・プロセッシングのアルゴリズムはサンプルごとのあるいはブロックごとのパラダイムで実現され、両方共グラフィカル・プログラミング・ツール、SigmaStudio™を使って作成された信号処理フローで同時に実行できます。再構築されたデジタル・シグナル・プロセッサ(DSP)コアのアーキテクチャはオーディオ・プロセシング・アルゴリズムの一部のタイプを従来のシグマDSP世代で要求されたよりはるかに少ない命令を使用して実行することができ、コード効率を大幅に改善します。

1.2V、32ビットDSPコアは最大294.912MHzの周波数で動作し、標準サンプル・レート48kHzで1サンプルあたり最大6144の命令を実行できます。しかし業界標準レートに加え、広範囲のサンプル・レートが可能です。インテジャーPLLと柔軟なクロック・ジェネレータのハードウェアにより同時に最大15のオーディオ・サンプル・レートを生成することができます。ADAU1452 / ADAU1451 / ADAU1450はオンボード非同期サンプル・レート・コンバータ(ASRC)と柔軟なハードウェアのオーディオ・ルーティング・マトリクスに加えて、これらのクロック・ジェネレータを内蔵しているので複雑なマルチレートのオーディオ・システムの設計を大幅に簡素化する理想的なオーディオ・ハブになります。

ADAU1452 / ADAU1451 / ADAU1450には様々に設定可能なシリアル・ポートのS/PDIFインターフェース(ADAU1452とADAU1451)や多目的入力 / 出力ピンが含まれているので高範囲のADC、DAC、デジタル・オーディオ・デバイス、アンプ、制御回路とインターフェースができます。これらの製品はPDM出力のMEMSマイクロフォンとも直接インターフェースすることができますが、それはこの目的のために特別に設計された内蔵デシメーション・フィルタがあるからです。

ADAU1452 / ADAU1451 / ADAU1450には独立したスレーブとマスターのI2C / SPIコントロール・ポートがあるので、外部のマスター・デバイスによってプログラムされたり、設定されるだけではなく、外部のスレーブ・デバイスを直接プログラムしたり設定できるマスターとしても動作します。この柔軟性と自動ブート機能により、動作するための外部入力は全く必要としないスタンドアロン・システムの設計を可能にします。

高電力効率のDSPコアはフルにプログラムを実行しても消費する電力はわずかに数百ミリワット(mW)ですが、たとえ100℃を超えるワーストケース温度でも1W以下の消費電力で最大のプログラム負荷で動作することができます。このようにADAU1452 / ADAU1451 / ADAU1450は相対的に消費電力が低く、フットプリントが小さいので同じ処理負荷でもより多くの電力を消費する大規模な汎用DSPの理想的な置換えになります。

ADAU1452とADAU1451とADAU1450の違い

この3種類の製品はメモリ、DSPコアの周波数、S/PDIFインターフェースの有無、ASRC構成によって区別します。

ADAU1450はS/PDIFレシーバ又はトランスミッタを内蔵していないので、SPDIFINピンとSPDIFOUTピンは無機能です。又、ADAU1450のS/PDIF入力又は出力に関連するレジスタの設定はデバイスの動作に何も影響しません。

同様に、ADAU1450はASRCを内蔵していないので、ADAU1450のASRCに関連するレジスタの設定はデバイスの動作に何も影響しません。

アプリケーション

  • 自動車用オーディオ・プロッセシング
    ヘッド・ユニット
    ナビゲーション・システム
    後部座席エンターテイメント・システム
    DSPアンプ(サウンド・システム・アンプ)
  • 民生用と業務用オーディオ・プロセッシング

製品ライフサイクル

checked 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

評価キット

(1)

X +

EVAL-ADAU1452

EVAL-ADAU1452 ブロック図

製品概要

This evaluation board provides access to the digital serial audio ports of the ADAU1452, as well as some of its general purpose I/O. Analog I/O is provided by the included AD1938 codec. The ADAU1452 core is controlled by Analog Devices, Inc., SigmaStudio™ software, which interfaces to the board via a USB connection. The board is powered by a 6 V DV supply, which is regulated to the voltages required on the board. The printed circuit board (PCB) is a 4-layer design, with a single ground plane and a single power plane on the inner layers. The board contains connectors for external analog inputs and outputs and optical S/PDIF interfaces. The master clock is provided by the integrated oscillator circuit and on-board 12.288 MHz passive crystal.

ソフトウェア & システム

X+

Software Development Tools

ツール

X +

設計リソース

X +

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

ADAU1452 Material Declaration
PCN-PDN Information Quality And Reliability Symbols and Footprints

ディスカッション

X+

ADAU1452 Discussions

Didn't find what you were looking for? Ask the Analog community »

サンプル&購入

X+

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明

 

 

 

評価用ボード 表示されている価格は、1個あたりの価格です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。