ADAU1966

オーディオDAC、16チャンネル、24ビット、192kHz、118dBのSNR、差動出力
Manufactured by:

製品概要

ADAU1966は、高性能、シングルチップのDACで、アナログ・デバイセズで特許収得済みのマルチ・ビット・シグマデルタ(ΣΔ)アーキテクチャを使った、差動出力の16チャンネルD/Aコンバータ(DAC)を提供します。SPIと I2Cポートが内蔵されており、マイクロコントローラで音量調整ならびに他のパラメータの調整ができます。ADAU1966は2.5Vのデジタル用電源と3.3Vまたは5Vのアナログ用電源で動作します。リニアレギュレータが内蔵されており、アナログ用電源電圧からデジタル用電圧を生成します。ADAU1966は80ピンLQFPパッケージを採用しています。

ADAU1966は、低EMI(電磁放射)として設計されています。これは、システムと回路設計アーキテクチャの両者において考察されています。内蔵されているPLLによって、外部LR(フレーム・クロック)、MCLKまたはクリスタルから、創られるマスター・クロックを使うことによって、ADAU1966は別の高周波数のマスター・クロックの必要性を排除し、またビット・クロックもなしで使うことができます。DACは、最新のアナログ・デバイセズの連続時間アーキテクチャを使って設計されており、更なるEMIの最小化が計られています。2.5Vのデジタル用電源を使用することによって、消費電力を最小化し、デジタル波形は小さな振幅を持っているため、更に放射が軽減されます。

アプリケーション

  • 車載オーディオ・システム
  • ホーム・シアター・システム
  • デジタル・オーディオ効果プロセッサ

製品ライフサイクル

checked 新規設計にお薦めします

発売済みの製品です。データシートには、最終的な仕様と動作条件がすべて記載されています。新規の設計には、これらの製品の使用を推奨します。

評価キット

X +

製品概要

The EVAL-ADAU1966Z and the EVAL-ADAU1962Z evaluation boards allow the user to evaluate the ADAU1962, 12 channel Digital to analog converter (DAC) or the ADAU1966, 16 channel DAC. The evaluation board will supply bit clock, LR clock and master clock and will except either 6 or 8 dual channel I2S data streams or multiple TDM (Time Division Multiplexed) data streams. The board has an S/PDIF receiver with RCA and optical connectors, as well as a discrete serial audio interface. Analog outputs are accessible via two db-25 connectors and channels 1 and 2 can be routed to an on-board headphone driver with the output on a stereo TRS Mini jack.

The EVAL-ADAU196x can be controlled through either an I2C or SPI interface. A small external interface board EVAL-ADUSB2EBZ, also called USBi, connects to a PC USB port and provides either I2C or SPI access to the evaluation board through a ribbon cable. The USBi is included with the evaluation board. A graphical user interface (GUI) program, the Automated Register Window Builder, is provided for easy programming of the chip in a Microsoft® Windows® PC environment. The evaluation board allows demonstration and performance testing of most ADAU196x features, including high performance DAC operation.

製品概要

The Analog Devices USBi “USB Interface” (EVAL-ADUSB2EBZ) board is the interface between your PC's USB port and SigmaDSP hardware's data input pins. This interface can be used with any evaluation board which includes an External SPI/I²C header (Aardvark Header). The EVAL-ADUSB2EBZ board is capable of both SPI and I²C communication (which is user selectable) and can supply IOVDD of either 3.3V or 1.8V.The USBi interface is powered from the computer's USB port.

To Install the USBi Board:
  • Connect the USB cable to the USBi Board a spare USB port on your PC.
  • The Windows “Found New Hardware Wizard” will launch.
  • Choose “Install from a list or a specific location” and click “Next”.
  • Select “Search for the best driver in these locations” and Check the box for “Include this location in the search.”
  • Press the “Browse” button and locate the appropriate driver file in the SigmaStudio application folder (default folder is C:\Program Files\Analog Devices Inc\Sigma Studio\USB drivers): Select the CyUSB.inf file.
  • Click “Continue Anyway” if you're prompted with “This software has not passed Windows Logo testing.”
Using USBi in SigmaStudio:
To communication between SigmaStudio and the USBi board, a communication channel block must be added to the Schematic design. To locate the block, select the Hardware Configuration Tab, int the ToolBox or Tree ToolBox window choose the “Communication Channels” category, and select the USBi block.

USBi

This block provides connections for multiple processors (ICs / DSPs), allowing you to use multiple processors in a single design. This block allows you to explicitly specify both the communication protocol (SPI or I²C) and the part's address, I²C address or SPI clatch line. The DSP hardware's address must match the block's selected address for communication to function properly. See the parts data sheet for more information about addressing (e.g. ADR_SEL, ADDR0, or ADDR1 pins). The default USBi protocol is I²C, to enable SPI, you must first select an SPI address in the block's drop down menu and then perform three write operations (e.g. press the write button the Register Read/Write Window 3 times). The USBi hardware has LEDs which indicate the current mode, I²C or SPI.

ソフトウェア & システム

X+

ツール

X +

設計リソース

X +

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

ADAU1966 Material Declaration
PCN-PDN Information Quality And Reliability Symbols and Footprints

サンプル&購入

X+

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明

 

 

 

評価用ボード 表示されている価格は、1個あたりの価格です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。