SSM2804

オーディオ・サブシステム、クラスDスピーカとキャップレス・ヘッドフォン用ドライバ内蔵
Manufactured by:

製品概要

SSM2804は、携帯電話やポータブル・マルチメディア・デバイス向けに特別に設計されたオーディオ・サブシステムです。この非常に柔軟なサブシステムは3つの入力チャンネルがあり、マルチ・メディア・オーディオ・ソースのためのシングルエンド・ステレオまたはモノラル差動として構成することができます。

入力の各セットは、2線のI2Cインターフェースで別々に校正可能となっており、校正ゲインは0.1dBステップで30dB範囲にわたっていることを特長としています。また、入力チャンネルの各セットは可変入力インピーダンスのPGAモードまたは固定入力インピーダンスのブースト・モードのどちらかを選べる機能を提供します。入力信号はミックスされ、所望の出力セットに送り出されます。この構成は2線のI2C制御インターフェースを使って設定します。

SSM2804は3種の選択可能な出力モードを備えています。

最初の出力モードはステレオ・クラスDのスピーカ・ドライバで、8Ωのブリッジ結合負荷(BTL)に、5V電源時1%のTHD+Nで、2×1.4Wの連続パワーを供給することができます。このクラスDアンプは、バッテリの寿命を増しEMI性能を改善するために設計された3レベルのΣΔ変調を採用しています。クラスDアンプは、+12dB~-63dBのゲイン範囲(31ステップ)で、I2Cを介して調整可能なボリューム制御を提供します。

2番目の出力モードは、高性能なヘッドフォン・ドライバのペアで、ステレオ32Ωのシングルエンド負荷に対して、1%のTHD+Nで、チャンネルあたり20mWを供給することができます。ステレオ・ヘッドフォン・ドライバは、高効率、グランド・センターのクラスGアーキテクチャを使っています。ヘッドフォン出力は、0dB~-75dBのゲイン範囲(32ステップ)で、I2Cを介して調整可能なボリューム制御を提供します。3番目の出力モードは、オーディオ・ベースバンドからの音声信号をパスさせるための内蔵された受信経路のバイパス・スイッチです。

SSM2804は工業温度範囲(-40~+85℃)で仕様規定されています。また、サーマル・シャットダウン機能と出力短絡保護が内蔵されています。SSM2804は、2.5mm×3.0mmの30ボールのウェハー・レベル・チップ・スケール・パッケージ(WLCSP)をパッケージ採用しています。

アプリケーション

  • 携帯電話
  • ポータブル・メディア・デバイス

製品ライフサイクル

checked 新規設計にお薦めします

発売済みの製品です。データシートには、最終的な仕様と動作条件がすべて記載されています。新規の設計には、これらの製品の使用を推奨します。

設計リソース

X +

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

SSM2804 Material Declaration
PCN-PDN Information Quality And Reliability Symbols and Footprints

サンプル&購入

X+

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明