AD9380

ディスプレイ・インターフェース、アナログ / HDMI、デュアル
Manufactured by:

製品概要

AD9380は、シングル・チップ上に高分解能マルチ・メディア・インターフェース(HDMI)レシーバを集積しており、設計技術者に、アナログ・インターフェースの柔軟性を提供します。また、広帯域幅のデジタル・コンテント・プロテクション(HDCP)のためのサポート機能も内蔵しています。

AD9380は、全機能内蔵の8ビット、150MSPS、モノリシック・アナログ・インターフェースで、コンポーネント・ビデオ(YbPr)とRGBグラフィックス信号を収得するように最適化されています。この150MSPSエンコード・レート能力と330MHzのフルパワー・アナログ帯域幅は、全てのHDTVフォーマット(最大1080pとフラット・パネル・ディスプレイ(FPD)解像度のSXGA(1280×1024@75Hz)をサポートします。

アナログ・インターフェースは、内部の1.25Vリファレンスと150MHzのトリプルADC、位相ロック・ループ(PLL)およびプログラマブル・ゲイン、オフセット、クランプ制御を含んでいます。ユーザーは、1.8Vと3.3Vの電源、アナログ入力およびHSYNCのみを提供するだけで、すみます。3ステートのCMOS出力は、1.8V~3.3Vから電源供給することができます。オンチップのPLLはHSYNCからピクセル・クロックを生成します。

ピクセル・クロック出力は、12MHz~150MHzの周波数範囲を出力します。PLLクロック・ジッタは、150MSPSで700ps p-p(typ)以下です。またAD9380は、コンポジットsyncとsyncオン・グリーンのアプリケーションに関する完全同期処理も提供します。

AD9380は、HDMI1.1互換レシーバを含んでおり、全てのHDTVフォーマット(最大1080pと720pまで)と最大SXGA(1280×720p)までのディスプレイ解像度をサポートします。このレシーバは、最大1クロック・サイクル全体までを許容する対間スキューを特長としています。HDCPを備えているため、ディスプレイは暗号化されたビデオ内容をレシーブすることができます。AD9380は、ビデオ・レシーバの認証のため、レシーバでエンコードされた暗号解読およびHDCPバージョン1.1プロトコルで規定された送信時における認証の更新が可能となります。

最新のCMOSプロセスで製造されて、AD9380は省スペースの100リード表面実装、PbフリーのプラスティックLQFPパッケージを採用しており、0℃~70℃の温度範囲にわたって仕様規定されています。

アプリケーション

  • アドバンスドTV
  • HDTV
  • プロジェクタ
  • LCDモニタ

製品ライフサイクル

cross 新規設計には非推奨

新規設計にはお勧めしていません。

代替製品

評価キット

X +

製品概要

This page contains ordering information for evaluating the AD9380.

参考資料

X +

設計リソース

X +

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

AD9380 Material Declaration
PCN-PDN Information Quality And Reliability Symbols and Footprints

サンプル&購入

X+

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明