AD7762

24ビットA/Dコンバータ、625kSPS、シグマ・デルタ(ΣΔ)型、バッファ内蔵
Manufactured by:

製品概要

高性能24ビットシグマ・デルタ(ΣΔ)A/Dコンバータ(ADC)AD7762は、625kSPSで106dBのS/N比性能を提供するだけではなく、高速、広入力帯域幅という特性とΣΔ変換のメリットを兼ね備えており、高速データ・アクイジションに理想的な製品です。ダイナミック・レンジが広く、アンチエイリアス処理の条件を大幅に低減しているため、設計プロセスが簡単になります。リファレンス駆動用の内蔵バッファ、信号バッファリングとレベル・シフト用の差動アンプ、オーバーレンジ・フラグ、内部のゲイン・レジスタとオフセット・レジスタ、ローパス・デジタルFIRフィルタを備えたAD7762は、高集積化された小型のデータ・アクイジション・デバイスであり、必要な周辺部品が最少となります。さらに、プログラマブルなデシメーション・レートを備えており、デフォルト特性がアプリケーションに合わなければ、デジタルFIRフィルタを調整できます。AD7762は信号処理において、複雑なフロントエンドの設計が不要で、優れたS/N比性能を実現できる理想的なデバイスといえます。

アナログ変調器は、最大40MS / 秒で差動入力をサンプリングします。一連のローパス・フィルタが変調器の出力を処理し、最後のフィルタの係数はデフォルトかユーザー・プログラマブルの係数になります。サンプル・レート、フィルタ・コーナー周波数、出力ワードレートは、外部クロック周波数とAD7762の構成レジスタを使って設定します。

アナログ入力範囲は、AD7762に供給されるリファレンス電圧によって異なります。4Vリファレンスの場合、差動入力範囲は2Vのコモン・モード・バイアスを中心とする±3.2Vです。オンチップの差動アンプを使ってコモン・モード・バイアスが得られ、これによって外部信号条件をさらに低減できます。

AD7762には露出パドル付きの64ピンTQFPと48ピンCSPパッケージがあり、-40~+85℃の工業用温度範囲(1)で仕様規定されています。

アプリケーション

  • データ・アクイジション・システム
  • 振動分析
  • 計測器

製品ライフサイクル

checked 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

関連資料

X +

ツール

X +

Design Tools

設計リソース

X +

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

AD7762 Material Declaration
PCN-PDN Information Quality And Reliability Symbols and Footprints

ディスカッション

X+

Didn't find what you were looking for?

サンプル&購入

X+

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明