AD8079

オペアンプ、デュアル、ゲイン=+2および+2.2、260MHz、バッファ用
Manufactured by:

製品概要

AD8079は、±5V電源で動作するように設計された低消費電力の高速デュアル・バッファです。新しいピン配列により、従来のデュアル・アンプのピン配置と比べて、優れた入出力アイソレーションを実現しています。入力と出力を分離する2つのACグラウンド・ピンにより、5MHzで-70dB未満の極めて低いクロストークを達成しています。

さらに、工場出荷時にG=+2(Aグレード)またはG=+2.2(Bグレード)に設定したゲイン設定抵抗を搭載しており、最小限の外付け部品で回路を設定できます。+2.2のBグレードのゲインは、シングルポイント・トリムを設けることで、システム全体のゲインの損失を補償します。アクティブなレーザ・トリミングを抵抗に使用することで、ゲインの厳密な制御とチャンネル間のゲイン・マッチングを保証します。この性能と形態は、差動ケーブルとトランスの駆動に最適です。また、低歪みと高速セトリングによって、高速デュアルまたは差動のA/Dコンバータのバッファリングにも理想的です。

独自のトランスインピーダンス・リニアライゼーション回路を備えており、アンプ当たりわずか50mWの電力で、0.01%の微分ゲイン誤差と0.02°の微分位相誤差という優れた性能でビデオ・ロードを駆動できます。50MHzまでで0.1dBのゲイン平坦度を特長としており、カメラやビデオ・スイッチャなどのプロ用ビデオ・エレクトロニクスに理想的です。

電流消費は、アンプ1個当たり5mA(VS=±5V)と低く、また70mAを超えるロード電流を供給しながら+12Vの単電源で動作可能です。このような性能をすべて小型8ピンのSOICパッケージで提供しています。このような特長により、このアンプはサイズと消費電力が重要となるバッテリ駆動のポータブル製品に理想的です。

優れた260MHzの帯域幅と800V/μsのスルーレートにより、±3~±6Vの両電源が必要な多くの汎用高速アプリケーションに最適です。

-40~+85℃の工業用温度範囲で利用できます。

製品ライフサイクル

checked 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

関連資料

X +

ツール

X +

Design Tools

設計リソース

X +

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

AD8079 Material Declaration
PCN-PDN Information Quality And Reliability Symbols and Footprints

ディスカッション

X+

Didn't find what you were looking for?

サンプル&購入

X+

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明