製品概要

機能と利点

  • 電圧帰還アンプ
    • ADSLおよびADSL2+のセントラル・オフィス(CO)および顧客端末装置(CPE)アプリケーションに最適
    • 高電流差動アプリケーションに最適
  • 低消費電力動作
    • 10V(±5V)~24V(±12V)の単電源または両電源で動作
    • フルパワーのADSLおよびADSL2+のCOアプリケーションでの合計静止電源電流:5.5mA
    • 消費電力を最小化するため、電源電流の調整が可能
  • 高出力電圧と高電流ドライブ
    • 400mAのピーク出力ドライブ電流
    • 44V p-p差動出力電圧
  • 低ひずみ特性
    • -70 dBc MTPR @26kHz~1.1MHz
    • -65dBc MTPR @1.1MHz~2.2MHz 
  • 高速:差動スルーレート:260V/μs

製品概要

AD8390Aは、高出力電流、低消費電力の差動アンプです。この製品は、特にADSLやADSL2+のようなデジタル・サブスクライバー・ライン・システムにおけるセントラル・オフィス(CO)ドライバ・インターフェスに適した製品です。フル・バイアス動作では、このドライバは、低い抵抗負荷に20.4dBm出力電力を供給し、ハイブリッドとトランスの挿入損失、およびバック・ターミネーション抵抗を補正します。 

AD8390Aは、熱強化されたLFCSPパッケージ(16-LFCSP)を採用しています。バイアス電流での大幅な制御と柔軟性が、AD8390A内に設計されています。4種のパワー・モードが、2つのデジタル入力、PD0とPD1、を介して選択可能です、これによって3種のドライバ・バイアス・レベルと1つのパワーダウン状態が提供されます。更に、IADJピンによって、AD8390Aの性能を調整するための静止電流の微妙なトリミングが可能となっています。 

低消費電力、高出力電流、高出力電圧振幅と温度に対する堅牢なパッケージを備えているため、AD8390Aは、ADSL、ADSL2+や他のxDSLシステムにおけるセントラル・オフィスのライン・ドライバとして、また差動アンプを必要とする他の高電流アプリケーションにも、使うことができます。 

アプリケーション

  • ADSL/ADSL2+のCOおよびOPE用ライン・ドライバ
  • xDSLライン・ドライバ
  • 高電流差動アンプ

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

PCN-PDN Information

サンプル&購入

PC版サイトでは、サンプルと製品の購入をいただけます。


価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明