AD596

温度設定値コントローラ、タイプJ熱電対用、熱電対コンディショナ内蔵
Manufactured by:

製品概要

AD596は、オーブンの制御アプリケーションなどに見られる高温下での使用に最適なモノリシック温度設定値コントローラです。デバイスの冷接点がタイプJまたはKの熱電対の入力を補償および増幅して、温度に比例した内部信号を取り出します。取り出した内部信号をその後、外部から加えた設定値電圧と比較し、低インピーダンスの切り替え出力電圧を生成します。デッド・バンドすなわち切り替えヒステリシスは、単一の外付け抵抗を使用してプログラムできます。さらに、AD596は、タイプJまたはKの熱電対の信号から直接電圧出力(10mV/℃)を提供するように設定することもできます。またスタンドアローンの電圧出力温度センサーとしても使用できます。

AD596は+5~+30Vの単電源、または電位差が最大36Vの両極電源から電力を供給できます。標準静止電源電流が160µAなので、自己発熱誤差を最小限に抑えます。

AD596のHパッケージ・オプションは熱電対障害アラームを備えており、温度比例測定モードで動作するとき、熱電対ピンのオープンを通知します。アラームの出力は柔軟なフォーマットを備え、リレー、LED、またはTTLロジックの駆動に使用できます。

AD596は、信頼性の高い、コスト効率に優れた10ピン・メタルキャン、8ピン・プラスチック・ミニDIP、またはSOICパッケージに収められており、+25~+100℃の周囲温度範囲にわたって動作するようにトリミングされています。少し精度を落とせば、拡張周囲温度範囲での動作が可能です。D596は、-200~+760℃の温度範囲全体で熱電対信号を増幅します。タイプJの熱電対用にはこの温度範囲を推奨します。

AD596は、周囲温度60℃で±4℃のキャリブレーション精度を備えています。また、+25~+100℃での周囲温度安定性の仕様は0.05℃/℃です。より高い精度、またはより低い動作周囲温度が必要な場合は、AD594(タイプJ熱電対)またはAD595(タイプK熱電対)のいずれかをご検討ください。

製品ライフサイクル

cross 新規設計には非推奨

新規設計にはお勧めしていません。

代替製品

ツール

X +

Design Tools

設計リソース

X +

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

AD596 Material Declaration
PCN-PDN Information Quality And Reliability Symbols and Footprints

ディスカッション

X+

Didn't find what you were looking for?

サンプル&購入

X+

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明