RFアンプ

アナログ・デバイセズのRFアンプは、アンプとRF ICに関する最先端の知識と経験を駆使して設計されています。
アナログ・デバイセズが提供するシングルエンド、入力/出力、固定ゲイン・アンプの広範なファミリーは低い周波数からマイクロ波帯域
までの範囲で使用でき、ゲイン・ブロック、低ノイズ・アンプ、中間周波数アンプ、ドライバ・アンプ、および差動アンプが含まれています。
これらのデバイスは、高い直線性、低ノイズ値、さまざまな固定ゲイン・オプション、低消費電力といった特長を備えており、さまざまなアプリケーションで使用できるように、周波数、温度、電源電圧に対して必要なあらゆる仕様が定められています。

ドライバ・アンプ

アナログ・デバイセズのシングルエンド入/出力、固定ゲインのRFアンプの幅広いファミリーは、DCからマイクロ波までさまざまな範囲に対応し、多様なアプリケーションに使用できます。

Gain Blocks

ADI’s extensive family of single-ended input/output, fixed-gain RF amplifiers can be used from dc to microwave and include gain blocks, low noise amplifiers, and driver amplifiers.

低ノイズ・アンプ

アナログ・デバイセズのシングルエンド入/出力、固定ゲインのRFアンプの幅広いファミリーには、低ノイズ・アンプ、ゲイン・ブロック、中間周波数アンプなどの技術が使われています。

パワー・アンプ

アナログ・デバイセズのMMICベースのGaNおよびGaAsパワー・アンプは、およそ200~300MHzの周波数帯からWバンド(75GHz~110GHz)の成分を含む帯域まで対応します。

RF/IF差動アンプ

アナログ・デバイセズのシングルエンド入/出力、固定ゲインのRFアンプの幅広いファミリーには、RF/IF差動アンプ、ゲイン・ブロック、低ノイズ・アンプなどの技術が使われています。

広帯域分布型アンプ

アナログ・デバイセズのGaAs MMICベースの広帯域分布型アンプは、さまざまな超広帯域幅でDCから65GHzまでの周波数範囲に対応します。