AD549

オペアンプ、超低入力バイアス電流
Manufactured by:

製品概要

AD549は、非常に低い入力バイアス電流を備えたモノリシック電位計オペアンプです。入力オフセット電圧と入力オフセット電圧ドリフトは、高精度の性能を発揮するためにレーザ・トリミングされています。AD549の超低入力電流は、アナログ・デバイセズ独自のプロセス開発である「トップゲート型」JFET技術によって実現しました。この技術により、標準の接合絶縁バイポーラ・プロセスと互換性のある、きわめて低い入力電流JFETの生成が可能となります。ブートストラップされた入力段によって得られる1015Ωのコモン・モード・インピーダンスは、入力電流を本質的にコモン・モード電圧から独立させます。

AD549は、非常に小さな入力電流と低入力オフセット電圧を必要とするアプリケーションに適しています。特に、フォトダイオード、光電子増倍管、または酸素センサーなど、広範囲にわたる電流出力トランスデューサのプリアンプに最適です。また、AD549は、高精度の積分器または低ドループのサンプル&ホールドとしても使用できます。AD549は標準FETおよび電位計オペアンプとピン互換であるため、設計者は、ほとんど追加コストなしで現在のシステム性能を向上できます。

AD549は、TO-99ハーメチック・パッケージで提供しています。入力端子と同じ電位のポイントにメタル・ケースを個別に接続できるように、ケースはピン8に接続されています。このため、ケースへの浮遊リークが最小限に抑えられています。

AD549には、4つの性能グレードがあります。J、K、Lバージョンの定格は、0~+70℃の商用温度範囲で規定しています。Sグレードは、-55~+125℃の軍用温度範囲で仕様規定しており、MIL-STD-883B RevC用として利用できます。信頼性の高いPLUSスクリーニングも利用可能です。PLUSスクリーニングには、168時間のバーンインのほか、MIL-STD-883B RevCに基づくその他の環境テストや物理テストも含まれます。

製品ライフサイクル

checked 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

参考資料

X +

設計リソース

X +

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

AD549 Material Declaration
PCN-PDN Information Quality And Reliability Symbols and Footprints

サンプル&購入

X+

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明