ツール:種類と概要

開発ツールは、DSPシステムを開発/最適化するための、簡単で信頼できる方法を提供します。 このツールによって製品開発サイクルを短縮し、市場化までの時間を早めることができます。 開発ツールには、以下のコンポーネントがあります。

ハードウェア

  • EZ-KIT Lite®デスクトップ評価用ボード:
    VisualDSP++®開発環境のトライアル・スイートを提供します。
  • EZ-Extenders®:
    ドータボードのEZ-Extenderは、アナログ・デバイセズやサードパーテ社製のさまざまな周辺機器や周辺デバイスと、EZ-KIT Lite評価用キットの拡張インターフェース部との接続を可能にします。
  • EZ-Board™
    EZ-Board™は、アナログ・デバイセズのプロセッサの初期評価において、外付けのJTAGエミュレータ、スタンドアローン・デバック・エージェント・ボードやuClinux®を使用する開発者向けの低価格な評価用ボードです。
    注:EZ-Board™は、JTAGデバック・インターフェースが用意されていません。デバックするためにはDebug Agent Boardエミュレータが別途必要となります。EZ-Boardは、拡張インターフェイスを持っており、様々なEZ-Extender接続して機能を追加させることができます。
  • Debug Agent Board
    Debug Agent Boardスタンドアローン・デバック・エージェントは、EZ-Board向けの低コストのエミュレーション・モジュールです。サード・パーティにより設計された評価用ボードにも使用することができます。スタンドアローン・デバック・エージェントは、EZ-KIT Liteに組み込まれているデバック・エージェントと同等の機能を、様々なボードに移動して使用することができる柔軟性を持っています。
  • マルチメディア・スタータ・キット:
    マルチメディア・アプリケーションを始めるための必要なものをすべて提供します。 このキットには、Blackfin EZ-KIT Lite®とEZ Extender®ドータ・ボード、そして、Blackfin SDK CDが含まれています。SDKには、ソース・コード、ハウツー・ドキュメントのほか、さまざまなエンコーダ/デコーダが含まれているため、簡単に使うことができ学習曲線を短縮します。
  • エミュレータ:
    オンチップ・デバッグを簡単に行うためのエミュレータ:コードのロード、ブレークポイントの設定、変数、メモリ、レジスタなどの監視ができます。

ソフトウェア

  • VisualDSP++®
    C++コンパイラ、アセンブラ、リンカ、拡張ユーザ・インターフェース、高度のプロット・ツール、プログラミングのボトルネックを簡単に特定するための統計プロファイリングを提供します。
  • ソフトウェア開発キット(SDK)
    ソフトウェア開発キット(SDK) は、ソフトウェア例、ソース・コード、デバイス・ドライバ、アルゴリズム、ユーティリティー情報、およびプロセッサ・アプリケーションの開発を可能にするアプリケーション・ノートがふくまれています。このソフトウェアは、フレームワークとして使用したり、ADIプロセッサと組み合わせて特定のアスペクトやペリフェラルの使用例として利用できます。
  • ソフトウェア・モジュール
    ソフトウェア・モジュールは、オーディオ、ビデオ・コーデック, デコーダ, ポスト・プロセッシング・コードや他のモジュールを含み、プロセッサの開発および評価に費やす時間を短縮します。

各プロセッサの開発ツールを詳しく見る:

沪ICP备09046653号
感想、意見を送る X
content here.
content here.

感想、意見を送る

閉じる