SHARCプロセッサ・ベンチマーク


リアルタイム信号処理タスクは、大きなI/Oパワーと計算パワーを必要とします。SHARCプロセッサは、高速な演算ユニットを搭載し、1サイクル積和演算(MAC)を含むすべての命令を1サイクルで実行するだけでなく、最大のI/O帯域幅とメモリ・アクセス帯域幅を実現するように設計されています。コア速度、メモリ集積度、I/O帯域幅の優れたバランスによって、リアルタイム・アプリケーションに不可欠な持続性能を達成します。

ベンチマークの重要性は、特定のDSPの動作をアプリケーションの観点から実証できることにあります。ベンチマークの数値が小さいほど、アルゴリズムの実行は高速です。DSPがタスクを高速に実行できれば、プロセッサは与えられた時間でより多くのタスクを実行できます。DSPのサイクル時間やクロック速度、MIPSを見るだけでは、プロセッサの真の性能を正しく把握することはできません。したがって、クロック速度とサイクル時間だけでなく、アルゴリズムのベンチマークを解析することも重要です。


  ADSP-21160N
ADSP-21161N
SIMD
ADSP-21261
SIMD
ADSP-21262
ADSP-21266
SIMD
ADSP-21371
ADSP-21375
SIMD
ADSP-21364
ADSP-21365
SIMD
ADSP-21368
ADSP-21369
SIMD
ADSP-2146x
SIMD
クロック・サイクル 100 MHz 150 MHz 200 MHz 266 MHz 333 MHz 400 MHz 450 MHz
命令サイクル時間 10 ns 6.67 ns 5 ns 3.75 ns 3 ns 2.5 ns 2.22 ns
MFLOPS(連続) 400 MFLOPS 600 MFLOPS 800 MFLOPS 1064 MFLOPS 1332 MFLOPS 1600 MFLOPS 1800 MFLOPS
MFLOPS(ピーク) 600 MFLOPS 900 MFLOPS 1200 MFLOPS 1596 MFLOPS 1998 MFLOPS 2400 MFLOPS 2700 MFLOPS
1024ポイント複素FFT
(基数4、ビット反転)
92 µs 61.3 µs 46 µs 34.5 µs 28 µs 23 us 20.44 µs
FIRフィルタ(タップ当たり) 5 ns 3.3 ns 2.5 ns 1.88 ns 1.5 ns 1.25 ns 1.11 ns
IIRフィルタ(バイクワッド当たり) 20 ns 13.3 ns 10 ns 7.5 ns 6 ns 5 ns 4.43 ns
マトリックス乗算(パイプライン)
[3x3] * [3x1]
[4x4] * [4x1]
45 ns
80 ns
30 ns
53.3 ns
22.5 ns
40 ns
16.91 ns
30.07 ns
13.5 ns
24 ns
11.25 ns
20 ns
10.00 ns
17.78 ns
除算(y/x) 30 ns 20 ns 15 ns 11.27 ns 9 ns 7.5 ns 6.67 ns
逆平方根 45 ns 30 ns 22.5 ns 16.91 ns 13.5 ns 11.25 ns 10.00 ns
沪ICP备09046653号
感想、意見を送る X
content here.
content here.

感想、意見を送る

閉じる