PHYCORE®-BF537 短期開発キット

Bookmark and Share

phyCORE-BF537は簡単に挿入できる小型のシングル・ボード・コンピュータ(SBC)サブアセンブリであり、アナログ・デバイセズのADSP-BF537 Blackfin®プロセッサを搭載しています。標準モジュールは、500MHzの内部クロックで動作し、最大128MBの外部SDRAMと最大4MBの外部フラッシュを提供します。

PhyTECH Development Board

主要インターフェースとして、CANバスおよびデュアルRS-232、SMSC LAN8700I 10/100BaseT Ethernet PHYおよびPLX NET2272 USBトランシーバを備えています。phyCORE-BF537は、0~+70℃の温度範囲で3.3Vの単電源により動作します。アナログ・デバイセズのVisualDSP++統合開発/デバッグ環境(IDDE)によってコードを簡単に生成でき、またユーザ・プログラムをphyCORE-BF537ターゲット・ハードウェア(phyCORE-BF537キャリア・ボードに搭載)にオンボード・ダウンロードすることができます。

ArrowTECH-in-TENウェブキャスト(英語)

Improving Design Efficiencies in Industrial Applications with the Blackfin processor and PHYTEC
この10分間のウェブキャストでは、アナログ・デバイセズとPhytecの製品を利用して開発プログラムの時間とコストを削減する方法や、Blackfinの集中処理をボード・レベルで対応しているPHYTEC phyCORE®の利点についてご説明しています。

特長

  • アナログ・デバイセズのADSP-BF537 Blackfin
  • 最大1000MMACで500MHzのコア周波数
  • メモリ管理ユニット(MMU)
  • メモリおよびDMAコントローラ
  • CANコントローラ
  • 10/100MビットのEthernet MAC
  • 10/100MビットのEthernet PHY
  • 高速USB 2.0デバイス・コントローラ
  • ITU-R 656ビデオ・データ・フォーマット対応のPPI
  • I2C / 2x I2S
  • SPI
  • 2×UARTS(RS-232またはIrDA)
  • RTCおよびウォッチドッグ・タイマ
  • 8チャンネル/12ビット(200ksps)ADC
  • Altera FPGAデバイス(最大8256の論理素子)
  • メモリ構成:
    • 内部メモリ:132KB
    • SDRAM:16~128MB
    • NORフラッシュ:1~4MB
    • I2C EEPROM:32KB
  • J-TAGインターフェース
  • 単電源3.3V、パワーマネジメント内蔵
  • モジュール・コネクタ:0.635mmピッチ、2×200ピンMolex
  • 寸法:59mm×84mm
  • 拡張温度範囲(–20°∼+85°C)

アプリケーション例

  • 工業用制御システム
  • 計測機器
  • 医用

プロセッサ

オペレーティング・システム

  • uClinux, VisualDSP++ カーネル(VDK)

関連技術文書

ツール

連絡先

Arrow Electronics
電話:(866) 910-3643 / (631) 851-2499

沪ICP备09046653号
感想、意見を送る X
content here.
content here.

感想、意見を送る

閉じる