Jungo logo



Blackfin®に完全なUSBプロトコル・ソリューションを提供するJungoのUSBware


USBware

フラッシュ・ドライブからビデオ・カメラ、iPodなどの民生用機器に至るまで、今日のさまざまな電子機器にとって、USB接続は不可欠なものとなっています。USBが提供する拡張性が高くホットプラグに対応したプラグ&プレイのシリアル・インターフェースによって、ストレージ・デバイス、キーボード、プリンタ、スキャナ、デジタル・カメラなどのペリフェラル・デバイスの標準的な低価格接続が保証されます。デスクトップ動作環境は、USB接続を標準機能として提供します。

組込み設計者にとっての課題は、柔軟で高速な業界標準の接続機能を集積すると同時に、開発コストと製品化までの時間を最小限に抑えることです。Jungo Software Technologiesの接続ソフトウェア・ソリューションであるUSBwareは、アナログ・デバイセズのBlackfin開発者にフル機能、高品質、小型フットプリントの組込みUSBソフトウェア・プロトコル・スタックを提供します。これによってデバイス・メーカーは、標準のUSB接続を組み込んだ設計を簡単に行うことができます。

Jungo製のUSBプロトコル・スタックとツールは、Blackfinプロセッサに集積されたUSBハードウェアをサポートし、高品質のUSB 1.1/2.0接続を内蔵する機器の開発時間を短縮します。この技術によって、USBベースのデバイスは、BlackfinベースのデバイスとホストPCやその他のUSBに対応した民生用機器(PMP、MP3プレーヤ、カメラなど)との間で、オーディオ/ビデオのファイルやデータを転送できます。

Jungoの完全集積型USBwareは、Blackfinにホストとデバイスのドライバ・スタックを提供します。ドライバは、VDKやuC/OSIIなどのOS上で動作し、あるいはOSなしでも動作するようにでき、プログラマにフルレンジのクラスとファンクションを提供します。このような拡張性によって、開発者は急速に拡大する高機能化への期待に応え、民生用/工業用デバイスの接続に関する飽くなき要求を満たすことができるのです。

jungo

Blackfinは、USB接続を備えることが必須となる、多種多様な高性能接続アプリケーション向けの組込みホストとして採用されています。Blackfinの用途は、民生用、工業用、自動車用、医学用の各領域にわたります。設計者の立場からは、Blackfinプロセッサに組み込まれたJungo USBwareソフトウェアは、GPSナビゲーションから監視カメラや自動車用ヘッド・ユニットに至るまで、さまざまな製品向けの安全で実証済みのソリューションです。そのスケーラブルでモジュール型のアーキテクチャを利用すれば、大規模なソフトウェアの変更なしに、機能を段階的に高めていくことができます。

拡大の一途をたどるUSB接続の世界
USBの市場は拡大し続けており、この技術は多数のデバイスと業界に普及しています。市場調査会社Instatによれば、2007年には26億個を超えるUSB対応デバイスが出荷されました。USB接続機能を備えたデバイスの出荷数は驚異的なものですが、それには相応の理由があります。高いシリアル転送速度とプラグ&プレイの使いやすさにより、USBは信頼できる事実上の標準であり、デバイス間で情報を転送するための拡張可能な手段であることが実証されています。少し前までは、長編ビデオをハンドヘルド機器にダウンロードすることなど想像もできませんでした。当然のことながら、USBは、PDAやセットトップ・ボックスだけでなく、スキャナ、ジョイスティック、モデム、テレビ会議用カメラなどのあらゆる機能を実行する他のペリフェラルにも最適なコネクタとして台頭してきました。BlackfinにJungo USBwareを組み込むことによって、設計者は、市場でのあらゆる新しいUSB「接続可能な」デバイス・ニーズを簡単に満たすことができます。

沪ICP备09046653号
感想、意見を送る X
content here.
content here.

感想、意見を送る

閉じる