TIGERSHARC プロセッサのロードマップ

TigerSHARC®プロセッサにより、より性能レベルの高い製品を提供し続ける計画です。性能密度を高めるための鍵は、高い計算性能、大容量オンチップ・メモリの集積度、高いI/O帯域幅のバランスを維持することです。TigerSHARCをベースとしたデザインでは、プロセッサ・クロック・レートの向上、アーキテクチャ機能の強化、新しいメモリ技術の採用、高帯域幅のI/Oインターフェースによって、システム・レベル性能を高めるとともに、コスト、消費電力、サイズを低減できます。

プログラマブルなTigerSHARCプロセッサをベースにした設計によって世代間のIP再利用が可能になるため、ワイヤレス通信、軍事、産業機器、画像処理、医療市場といったアプリケーションにおいて、R&Dコストと製品化までの時間を低減できます。ADSP-TS201S、ADSP-TS202S、ADSP-TS203Sは、最高で4800MMACの16ビット固定小数点性能、3600MFLOPSの浮動小数点性能、24Mビットのオンチップ・メモリ、5GバイトのI/O帯域幅を有し、新しいレベルの性能密度を提供します。

TigerSHARCプロセッサは、今後もコード互換性を維持しながら業界で最高の性能密度を提供していきます。そのため、将来のさらに厳しくなるシステム・コスト、消費電力、サイズ条件に応えながら、新世代のマルチプロセッシング・システムを設計することが可能です。

拡大して見る

SHARC/TigerSHARC Roadmap

詳細のロードマップについては、販売代理店、または担当営業にお問い合わせください。

沪ICP备09046653号
感想、意見を送る X
content here.
content here.

感想、意見を送る

閉じる