超低静止電流15V 800MA降圧同期式レギュレータ「ADP2370」「ADP2371」を発表

●3.2Vから15Vの広い入力範囲と100%デューティ・サイクル動作
●携帯型電子機器の電力効率と実装密度を改善し、バッテリ寿命を延長
●携帯型の民生用、産業用、および医療用電子機器に最適
20120419_ADP2370

東京 (2012年04月19日) - アナログ・デバイセズ社は、本日、複数のアルカリ/NiMH電池、リチウム電池やその他の標準電源を用いたバッテリ駆動アプリケーションの効率を向上する、15V 800mA出力DC/DCレギュレータ「ADP2370」と「ADP2371」を発表しました。

高集積のADP2370およびADP2371レギュレータは、3.2Vから15Vという広い入力電圧範囲に対応しているだけでなく、必要な外付け部品もわずか3個と少ないため、全体的なフットプリントを低減します。また、両レギュレータとも、93%以上という高い変換効率が特長で、これにより、設計者はボード面積を低減しつつ、より高い負荷に対応することができます。軽負荷状態の場合、ADP2370とADP2371は、自動的に低静止電流のパワーセーブモードへ切り替え可能でバッテリ寿命をさらに節減できます。さらに、ADP2371はディスチャージ機能を有しており、ディスエーブル状態に出力バイパス・コンデンサを完全に放電させてプロセッサなどの誤動作防止に効果があります。

ADP2370およびADP2371は、ADI独自の高速電流モード定周波数PWMコントロール方式の採用により、優れた安定性と過渡応答性能を提供し、出力電圧リップルを最小化します。これらのレギュレータのスイッチング周波数は、外部クロックと同期させることができるので、レギュレータ間のビート周波数(唸り)がなくなります。両レギュレータともに-40℃から+125℃の接合温度範囲にわたって動作し、3mm×3mmという小型の8ピンQFNパッケージで提供します。

ADP2370およびADP2371 DC/DCレギュレータの主な特長

  • 3.2Vから15 Vの広い入力電圧範囲
  • 出力電圧は0.8Vから入力電圧まで調節可能(100%デューティ・サイクル動作が可能)で、固定出力電圧オプションも提供:0.8V、1.2V、1.5V、1.8V、2.5V、3.0V、3.3V、および5V
  • パワーセーブモード(PSM)では超低Iq<14µA
  • 必要外付け部品はわずか3個で、全体のソリューションのサイズを低減
  • 最高93%のピーク効率で、システムの電力効率を改善し、熱放出を低減
  • 同期入力により、入力リップル電流を最小化し、入力フィルタ設計を軽減
  • 高精度イネーブル入力とパワーグッド機能により複雑なシーケンス要求にも対応可能
  • 内部補償とソフトスタート機能が設計を簡素化
  • クイック出力放電機能(ADP2371の場合)が、デバイスのディスエーブル時に、自動的に出力を放電

価格、供給、および関連製品について

下記表中の価格は、米国での販売価格です。

製品 サンプル出荷 量産出荷 1,000個受注時の単価 パッケージ
ADP2370 出荷中 出荷中 1.40ドル 3mm×3mm 8ピンLFCSP
ADP2371 出荷中 出荷中 1.40ドル 3mm×3mm 8ピンLFCSP
ADP2370CPZ-REDYKIT 出荷中 出荷中 60.00ドル -
ADP2371CPZ-REDYKIT 出荷中 出荷中 60.00ドル -
※評価ボードと数種類のサンプルを含むキットです。

アナログ・デバイセズについて

アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。http://www.analog.com/jp

沪ICP备09046653号
感想、意見を送る X
content here.
content here.

感想、意見を送る

閉じる