16チャンネル・オーディオD/Aコンバータ「ADAU1966」を発表

● プロ、プロスーマ、車載アプリケーション向けに高性能のオーディオを提供
● 32kHzから192kHzのサンプリング・レート、300mW未満の低消費電力

東京 (2011年11月29日) - アナログ・デバイセズ社は、本日、プロフェッショナル、プロスーマ、および車載オーディオ機器アプリケーション向けに、オーディオ・システムの性能改善と消費電力の低減を合わせて実現する24ビット、16チャンネルのオーディオD/AコンバータICADAU1966」を発表しました。

24ビットADAU1966 16チャンネル・オーディオD/Aコンバータは、32kHzから192kHzのサンプリング・レートで、118dBのSNR(S/N比)性能を提供します。この118dBというSNR性能は、内部のデジタル部を低電圧で動作させることにより、16チャンネル動作で300mW未満というクラス最少の低消費電力で実現されます。ADAU1966では、デジタル部の電源をリニア・レギュレータを介してオンチップ生成することができるため、アナログ部の電源だけで動作できます。また、レギュレータをバイパスして、別の2.5Vから3.3Vの電源をチップに供給できるようになっています。

ADAU1966 24ビット16チャンネル・オーディオD/Aコンバータの主な特長

  • THD + N = −98dB
  • 低消費電力: 300mW(19mW/チャンネル)、AVDD=3.3V時
  • 電源:デジタル部2.5V、アナログおよびIO部3.3Vまたは5V
  • クロック:PLLによる生成またはダイレクト・マスター・クロック
  • 24ビットで32kHzから192kHzのサンプル・レートをサポート
  • 車載アプリケーション用認定取得済み
  • 低EMI設計

供給、価格について

下記表中の価格は、米国での販売価格です。

製品 サンプル出荷 量産出荷 温度範囲 1,000個受注時の単価 パッケージ
ADAU1966 出荷中 出荷中 -40°C ~ 105°C 6.51ドル 80ピン LQFP

ADAU1966は、3Vrmsのフルスケール差動出力電圧で動作し、後段の増幅率を低くでき、電気的カップリングによるシステムノイズに対しても高いSNRを保持します。内蔵のオンボードPLL(フェイズ・ロック・ループ)を用いて、外部のL/Rクロックから内部マスター・クロックを生成するため、高周波数のマスター・クロックを別途使用する必要はなくなります。また、ビット・クロックを併用したり、併用しなかったりすることもできます。

さらにADAU1966は、AEC-100車載アプリケーション用として認定済みで、-40°C~+105°Cの温度範囲で動作します。また、SPI/I2Cポートを特長としており、このポートを介して、外部マイクロコントローラが音量を調節し、チップ温度を±3°C以内の精度で読出します。

補完製品について
ADAU1966は、システムにおいて、「ADAU1442」、「ADAU1445」、「ADAU1446」、および「AD1940」などの、ADIのSigmaDSP®デジタル・オーディオ・プロセッサと組合せて使うと効果的です。また、ADIのSHARC®浮動小数点DSP製品Blackfin® 16/32ビット組込プロセッサ・シリーズとも一緒に用いることができます。

アナログ・デバイセズについて

アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。http://www.analog.com/jp

※SigmaDSP、 SHARC、 およびBlackfinは、アナログ・デバイセズ社の登録商標です。

沪ICP备09046653号
感想、意見を送る X
content here.
content here.

感想、意見を送る

閉じる