業界初のダイナミック・パワー・コントロール付きデータ・コンバータ「AD5755」を発表

プロセス・コントロールI/Oシステムの生産性、エネルギー効率、信頼性を向上する産業用アプリケーション向けマルチチャンネル16ビットD/Aコンバータ
AD5755

東京 (2010年07月07日) - アナログ・デバイセズ社(ニューヨーク証券取引所:ADI)は、業界最高クラスのDC/DCスイッチング・コンバータと診断機能を含む、最先端ダイナミック・パワー・コントロール回路の付いたマルチチャンネルDAC(D/Aコンバータ)「AD5755」を発表しました。 工場の自動化、プロセス・コントロールや産業用計測機器の進歩は、製造部門に生産性の向上と生産高の増加をもたらしました。その反面、工場のプロセス・コントロール・システム内の密度上昇による消費電力の増大と熱の問題は、機器の性能、信頼性や安全性を低下させるレベルにまで広がっています。AD5755は、システムの生産性の向上や消費電力の低減を、安全性や信頼性に悪影響を及ぼさずに実現したDACで、データ・コンバータのリーディング・サプライヤとして、世界の大手産業機器メーカー向けに実績を積み重ねてきたADIが、その経験と技術力を活かして開発しました。

ダイナミック・パワー・コントロールが電力損失と自己発熱を低減
ADIの高集積AD5755データ・コンバータは、4個の高精度16ビットDACと、4-20mAのプログラマブル電流および電圧出力ドライバ回路、さらにダイナミック・パワー・コントロール機能を内蔵した完全なマルチチャンネル・コントロールICです。ダイナミック・パワー・コントロール機能は、連続的に負荷のインピーダンスを検知し、負荷に必要となる電力を供給すると同時にシステムの他の部分での電力損失を最小化し、自己発熱と温度上昇を抑えます。この機能と性能の卓越した組合せにより、他の集積コンバータと比べ4倍のチャンネルをサポートでき、単一のアナログI/Oモジュールで2倍の性能と、最大で4倍の数の端子を実現します。AD5755は、他のコントロール・ドライバ技術と比べて、消費電力を80%、正味の温度上昇(シリコン温度から周囲温度を差し引いた値)を75%も低減します。

AD5755データ・コンバータについて
16ビットのAD5755は、非調整誤差の合計が最大で0.05%、相対精度は最大±0.003% のフル・チャンネル仕様で、システムのキャリブレーションが必要なく、開発時間の短縮とシステムのメンテナンス費用が低減できます。シングル・チップ・アーキテクチャに、複数のコンバータ、パワーマネジメント、リニア(アナログ)をはじめとする機能を組合せてあるので、MTTF(故障までの平均時間)の延長と信頼性が向上します。通信、接続、およびインターフェース・アラートを含むリアルタイム故障解析用の様々な診断機能の内蔵により、設計タスクが簡素化されると同時に、機器のライフサイクルも延長します。

AD5755は、標準産業用電圧と電流出力範囲をサポートし、標準のHART(Highway Addressable Remote Transducer)プロトコルのモデムでも用いることができます。5ppm/℃内部リファレンス、ユーザがアクセスできるオフセット/ゲイン・レジスタ回路、30MHz SPI(Serial peripheral interface)互換のインターフェースを一つのチップに集積しています。デバイスは、–40°Cから+105°Cの拡張工業用温度範囲の定格仕様になっており、9mm×9mm LFCSPで提供しています。

補完製品について
AD5755は、現在サンプル出荷中です。補完製品としては、「AD779x」と「AD7190ADC(A/Dコンバータ)、「AD5421」ループ駆動4-20mA DAC、「ADuC706x高精度アナログ・マイクロコントローラ、「ADR44x電圧リファレンス、および「ADuM140x」、「ADuM540xiCoupler®デジタル・アイソレータなどADIの産業用アプリケーション向け高性能製品があり、これらとAD5755を組合せて使うと効果的です。また、「ADP2300降圧スイッチング・レギュレータ、「ADP1621ステップアップDC/DCコントローラや「ADP125」ロー・ドロップアウト・リニア・レギュレータと組み合わせて使うこともできます。

価格と供給について

下記表中の価格は、米国における販売価格です。

製品 機能 温度範囲
1000個受注時の価格 パッケージ
AD5755 16ビット、V/I出力、
ダイナミック・パワー・コントロール
Force & Sense 出力(検出機能つき駆動出力回路)
-40° C ~ +105° C 13.35ドル 64ピン LFCSP
9 mm × 9 mm
AD5755-1 16ビット、 V/I出力
ダイナミック・パワー・コントロール
HART 接続機能
-40° C ~ +105° C 13.06ドル 64ピン LFCSP
9 mm × 9 mm
AD5757 16ビット、I出力
br>ダイナミック・パワー・コントロール
-40° C ~ +105° C 11.56ドル 64ピン LFCSP
9 mm × 9 mm

AD5755に関するビデオはこちらをご覧ください。
ADIのプロセス・コントロールおよび産業用自動化製品はこちらをご覧ください。

アナログ・デバイセズ社 高精度信号処理プロダクト・ライン・ディレクタ、マイク・ブリッチフィールド(Mike Britchfield)は、次のように述べています。「端子密度の増加はモジュール・サイズにとって負担となり、産業用システムでの余分な熱発生の原因となることがあります。AD5755のダイナミック・パワー・コントロール機能は、消費電力と自己発熱を低減させることで、チャンネル密度の増加に対する顧客の要求に対応します。これにより、メーカーはこれまでのようにシステムのフォーム・ファクタを大きくしたり、他の性能パラメータで譲歩をしたりせずに、チャンネル数の多い設計ができるようになります」

業界をリードするコンバータ製品群について
今日、数え切れないほどのエレクトロニクス・システムにおいて、アナログとデジタルの世界を橋渡しするために高性能信号変換技術は欠かせないものとなっています。その高性能信号変換技術のサプライヤとして、最も多く選ばれているのがアナログ・デバイセズです。ADIのコンバータ製品は、業界をリードするA/Dコンバータ(ADC)とD/Aコンバータ(DAC)の製品群を備えており、産業用および計測機器、医用機器、自動車システム、通信インフラストラクチャや、民生用電子機器で求められるサンプリング・レート、精度、低ノイズ、低消費電力、低価格、および小型パッケージ・サイズを特長としています。評価ツールは、お客様が最適なデータ・コンバータの迅速な検証、選択、設計を行うのを助け、設計の複雑さを低減し、開発スケジュールを短縮し、部材費を削減します。

アナログ・デバイセズについて

アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。http://www.analog.com/jp

※iCoupler はアナログ・デバイセズ社の登録商標、ADIsimPowerは商標です。

沪ICP备09046653号
感想、意見を送る X
content here.
content here.

感想、意見を送る

閉じる