設計ツール「ADI DIFF AMP CALCULATOR™」のダウンロード提供を開始

  • 差動アンプ設計に費やす時間を従来の数時間から数分に短縮
  • 完全なテスト・検証プロセス環境が設計者に対して用意され、設計リスクが低減
  • 設計ツールや評価ボード、製品サンプルを無償で提供
  • 東京 (2009年07月09日) -

    アナログ・デバイセズ社(ニューヨーク証券取引所:ADI)は、本日、市場で好評を得ている「ADIsimDiffAmp™」設計ツールのアップデート版「ADI Diff Amp Calculator™」のダウンロード提供を開始しました。ADI Diff Amp Calculatorは直感的なGUI(グラフィカル・ユーザ・インターフェース)を持ち、 ADIのホームページから無償でダウンロードできます。部品の動作が代表値(TYP値)を用いて数学的にモデリングされているので、ADIの差動アンプの選定と評価、そしてトラブルシュートにかかわる時間が大幅に短縮できます。差動アンプ回路のゲインおよび部品定数を、終端負荷または無終端負荷の条件ごとに迅速かつ容易に計算できるようになることで、設計者が設計に費やす時間を、従来の数時間から数分へと劇的に縮めることができます。また入出力電圧範囲と出力同相電圧を決定し、出力ノイズや消費電力も計算することができます。

    ADI Diff Amp Calculatorと無償の評価ボード製品サンプルを組み合わせることで、時間のかかるテストや検証のプロセスを迅速に遂行し、設計リスクの低減と市場投入までの時間短縮を実現できます。

    ADI Diff Amp Calculatorの特長およびメリット

  • 最適なゲイン、終端抵抗、消費電力、出力ノイズや入力同相電圧を検討する際に必要な面倒な計算を自動化

  • 結果がリアルタイムに変化していくので各種の条件での検討が可能

  • 直感的なGUIにより、対話型画面を実現

  • 「ポイント・アンド・クリック」機能により、データの追加や変更が迅速かつ容易に可能

  • 「ADA4950-1/2」「ADA4939-1/2」「ADA4938-1/2」「ADA4937-1/2」「ADA4932-1/2」「ADA4927-1/2」「AD8139」「AD8138」「AD8137」「AD8132」などのADIの差動アンプ製品をサポート
  • ADI Diff Amp Calculatorと無償の評価ボードおよび製品サンプルは、下記のリンクから提供されます。

  • ADI Diff Amp Calculator

  • 評価ボード

  • 製品詳細および製品サンプル
  • アナログ・デバイセズについて

    アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。http://www.analog.com/jp

    沪ICP备09046653号
    感想、意見を送る X
    content here.
    content here.

    感想、意見を送る

    閉じる